9/19(火)鮎釣り14(益田川8)

前回は海(筏)釣りでしたが、今回は鮎釣りです。
まだ納竿した訳じゃありませんからね…。
いつもは、各河川ごとに納竿巡りをするんですが、今年はなぜかそんな気になれませんね…。

この日も自宅をのんびり出発。
益田屋さんで「おそらく最後になるかも…」と会話を交わしオトリを買います。
DSC_1969.jpg DSC_1970.jpg
時間は11時頃。焼石の川原の右岸。
この辺は浅くなっていて、川の真ん中付近まで立ち込めます。

徐々に晴れてきて釣れそうな感じなんですが、反応ナシ…。
正午までやって無反応ならば、潔く止めようかと思っていました。
DSC_1971.jpg
ですが、あろうことか僅か30分で、この画像の中央の沈み石の向こう側で痛恨の根掛かり!
しかも同じ場所で、根掛かりの2連発…!
イキナリ、オトリ残1!こんなんで、あと30分も先の正午まで維持できるのか?
根掛かりを恐れて、回収ができるよう、流芯を避けて竿を出します。

と、なんかオトリに違和感。ん?引き寄せると、やたら重たい…?
DSC_1972.jpg DSC_1973.jpg
掛かってる??アタリは無かったけど、盛期の引きは最初の一瞬だけで、すぐ抜けてきました。
良かった~|これで気持ち良く止められますよ。

上流を見ると、右岸に一人、左岸に3人ほどいます。
DSC_1974.jpg DSC_1976.jpg
右岸の方は帰られたのか、しばらくすると姿が見えなくなっていました。
しかし、どこからどう上がったのか?秘密の下り口があるんでしょうかね。

今の鮎はキツイ流芯にいるのか?緩いトロ場にいるのか?良く分からなかったんで境界を攻めます。
左岸の流芯と、右岸の掛け上がり部分の境界。画像の水面で分かりますか?
DSC_1978.jpg DSC_1977.jpg
時間は掛かったけど、もう1匹追加!
ん~。これでいつ止めてもイイくらい…。

現在の立ち位置の上流・正面・下流です。
DSC_1979.jpg DSC_1980.jpg DSC_1981.jpg
上流…さっきまでこの岩盤に人がいましたが、深くて流れも複雑で、友釣りでは釣り難くて良いポイントには思えません。
正面…流れの境界で釣れました。
下流…右岸の波立っている箇所は浅いです。

途中、急に掛かるようになって、連荘もあったり…。
しかし、ふと気付いたんですが、痩せたオス鮎ばかりなんです。
DSC_1982.jpg DSC_1983.jpg
ポイントのせい?タイミング?もう終わりってこと?
メス鮎も2匹だけ混じりましたが、サイズは小さく、体表がヌルヌルでオスとは全然違いますね。

この後もオス鮎ばかり…。
DSC_1985.jpg
ポツポツ掛かりますが、どうも状況が違っててスッキリしません。

鮎によっては、オトリ使用後15分で、この有様…。
言っときますが、死に掛けた鮎じゃありませんよ。
DSC_1984.jpg
この鮎を見たとき、もうやってられなくなりました。
15時で納竿!想像以上に釣れたし、私てしては頑張り過ぎました。

オトリさえ全滅寸前の-2匹から、結果、+14匹まで復活したんですから上出来です。
内容的には満足なのに、この罪悪感は一体何なんでしょう…凹
DSC_1987.jpg DSC_1990.jpg
当然、今日の鮎はリリースです。
ここでもふと思ったんですが、下流に行き来できるダムがあって、なぜ湖産の鮎は自然繁殖しないんですかね…。


他の川なら無論、益田川でも、まだ若い鮎は居るかと思います。
たまたま益田川が、このポイントだけが、こんな状態だっただけかもしれません。
DSC_1989.jpg DSC_1993.jpg
だけど、各河川の納竿巡りはせず、これにて今年の鮎釣りは納竿とします。
今期、一緒に釣りをした方、またお会いできた方々、ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

コメントの投稿

非公開コメント

終盤の益田川

真っ黒になったオスを見ると終わったって思いますね。
オトリとして泳がせると黒くなるのは何故なんでしょう?

上流にいた方、喫茶店の駐車場のちょい上から降りていったんだと思います。
藪なので鮎道具一式の入川は大変です。

終盤

終盤の鮎はメス1に対してオス50の比率だという人もいます。
確かに終盤はオスが多いですね。
今の時期にこれだけ掛ければ良いんじゃないですか!

Re: 終盤の益田川

mashitagawaさん、おはよう!
コメントありがとうございます

オレンジラインやチョイ黒なら、気にしないんだけど。
真っ黒になると、罪悪感まで感じますね。
オトリで黒くなるのは、鼻カンやハリスが刺激するのかもしれませんね。
考えてみたら、釣りしてるとき、後方でガサガサしていました!
何か獣でもいるのか?と感じたのを思い出しました。

Re: 終盤

かやのたもさん、おはようございます
コメントありがとう!

メスとオスが1:50?そんなに?
偶然なのか今まで終盤の釣果で、オスばかりと言うのはありませんでしたね。
どうも私としては、後味が悪い最後となってしまいました。
前言撤回?泣きの一回?もう一度、天然遡上河川に行って終わろうかしら。

終わりですね。

サビサビの入った鮎を見るとねぇ~悲しくなります。
時期的にメスが先に掛かり、オスが掛かり出すと終わりが近いと!
聞いた事があります。
自分は納竿しましたが、長良川郡上に中央はまだまだ行けると思いますよぉ~
納竿日はメスがまだ多かった気がするし、アタリもまだまだ盛期並みでしたから(笑)
いずれは気持ちの整理をしないといけませんがねぇ~
最後の放流は、カッコええです!

Re: 終わりですね。

たれれさん、こんばんは
コメントありがとうございます

そうなんですよね~。
若干のサビなら趣を感じ得ますが、真っ黒けだと、思わず「キモッ!」となります。
メスが先でオスがその後…?やっぱりそうですか!
自分の経験でそう感じてはいましたが、改めて言われてみると、その通りだと思いますね。
鮎と近い存在のワカサギも、終盤は同じくオスばかりになりますし。
今週の休み、神通に行こうと思いましたが、一応納竿もして心機一転したんで止めときました。
終わり良ければ…といきたかったけど、これは気分の問題かな?
やはり鮎はこれで終わりですね…。

納竿

これで鮎は、納竿となりましたか(^^ゞ
何とも微妙なシーズンとなりましたね、お互い(笑)
良いのか悪いのかと言えば、良くなかったような、、、
サビが早い?湖産だからですか?
まだHGは、そこまで黒くなっていませんからね

Re: 納竿

もっさん、こんばんは
コメントありがとうございます

悔いは無いけど、良くなかったですね~。
良いときは一日、いや一瞬で終わってしまいますね。
今回の鮎は、ほとんどが海産だったと思います。
台風の直後ということも関係があったのかな?
しばらくすると、ストレス?が無くなり色も出難くなるとか…?
いずれにしても、今年の私の鮎釣りは終わりです。
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示