8/12(土)~8/13(日)鮎釣り9&10(益田川5&6)

海水浴の翌日は、多少疲れもあってのんびり。
午後から益田川で釣りをしました。
あわよくば、翌日以降は神通川にでも行こうかな?的な計画。

まずは旧ヤナ場で川を見ると一本瀬で、広く釣りができる場所では無い。
意外と水が高く、またしてもアチコチ迷走…。
DSC_1822.jpg
しかし、川にはサラ場がたくさん残っていると思われます。
こんな時、良い思いをした場所を思い出して、こんなポイントに来ました。

今期初めての場所。その入渓地点です。
DSC_1815.jpg
車で少し下りれますが、身長以上の木や雑草なんで、上に駐車。

下流に一人がいましたが、下流は緩いのかもっと増えた時しか釣れた事がないです。
DSC_1816.jpg DSC_1817.jpg
上流は緩そうに見えますが、流芯は圧しがある太い流れです。

掛かるんですが、鮎がデカくてなかなか取り込めない!
DSC_1818.jpg DSC_1819.jpg
背掛かりで獲れる鮎は、たまたま小さかったり、大きいと切腹してたり…。

おまけにデカイおとり鮎は、送ってすぐなら良いけど、全然長く泳げない!
DSC_1820.jpg DSC_1821.jpg
ココでは2時間ほどでしたが、出入りが激しい釣りで6匹増!
手駒の持ち鮎も、シッカリ泳ぐヤツがいないんでヤメ。

川から上がって着替えていると、地元の名手のI君が参上…。
I君「掛かった?」 私「掛かるけど、デカイし、圧しがあってバラシばかりですわ。」
I君「え?掛かる?デカイ?」 私「デカイよ!掛かれば23cm以上ある。」

あの辺で掛かったよって。そんなやり取りがあって、彼は私がやってた場所へ…。
ポイントの選択は間違っていなかったと、少し嬉しくなりました。
DSC_1823.jpg DSC_1824.jpg
着替え終え、空腹を満たそうかと思いましたが、せっかくなんで名手の釣技を見に行きました。

さすが!ポンポンと掛け、デカイ鮎なのに難なく取り込んでいました。
DSC_1826.jpg
掛けてからの動作が参考になりましたね。
入れ掛かりって訳では無かった様だけど、オトリが変わった♪と喜んでいました。

下流側は逆光でキレイです。
DSC_1825.jpg
まだ15時半頃で、これからって人もいるかも。
かといって、また着替えてやるつもりもないんで、予定通り空腹を満たしに…。

一人、北上して『大安食堂』へ…。トンちゃん定食です!
DSC_1827.jpg
お盆休みって事もあって、まぁまぁ混んでいましたよ。
満腹&満足です!

一旦オトリ屋さんの戻って、オトリ鮎を預かってもらってから、トイレ付の某パーキングで車中泊。
夜中までエンジンを掛けてて、車のエアコンで寒かったです。

さて、翌日…。
水位は前日と比べ、ほぼ同じくらいかな。20cmくらい増えてるか…?
DSC_1828.jpg DSC_1829.jpg
って事は、普段良く釣れる場所の水位は、厳しい事が予想されます。

釣り易い下呂の街中は、昨日もそうでしたが、宿泊組なのか、車が数台…。
萩原のヤナ場(対岸)に行くと、既に一人の先行者が入川準備中…。
少し話をして、スペースはあるから私も入ろうかと思いましたが、このポイント専門だと聞いたんで遠慮しました。

また戻って、西上田に行く事に。車(人)はチラホラ。
何とかなるかなと、このポイントの上流部に決めて駐車。
ん?地元の某フィッシュハンターなるスッテカーの車両もありますね。

川に下りると、上流にその方がいます。
なので、私は入渓地点の前をやった後は、釣り下る事に…。
DSC_1832.jpg DSC_1830.jpg
増水時独特の、やたら水が冷たい気がしますが、どうしようもありませんね。
しかし!何なの?ってくらい反応ナシ。たまに掛かるのはグイウー。
全くもって、鮎が居る気がしない。移動を決意。

すると、某フィッシュハンターのメンバー二人組が下りてきて、上流の先行者と談笑してました。
ちょうど良かったかな…。

そして、昨日のポイント。昨日の今日、鮎は居るハズ!
が、ここにも先行者がいました。
DSC_1834.jpg DSC_1833.jpg
下流でまぁまぁサイズを1匹掛け、その後、グイウーが連発。
瀬肩からやりたいんだけど、先行者の『コッチに来んじゃねーぞ』的なオーラが全開で行き辛い…。
広大な瀬にたった二人で、相手に近付くってのも気が引けたし。後ろ髪引かれる思いで移動。

消去法で、まだ水位高い旧ヤナ場へ行き着きました…。
DSC_1835.jpg
ハザードを点灯させていると、ナント!mashitagawaさんが反対車線から、コチラに気付いてくれました。
どうも遅れながらも、これから釣りのようで、某ポイントへ行くって。

ココでは3回掛けて、全てバラシ!
DSC_1837.jpg DSC_1836.jpg
最初は水中バレの身切れロケット。
次は慎重に下流の淵まで誘導し、目の前まで来たんですが、その激流と反転流の狭間、一瞬の油断で針外れ。
最後は、掛かったら速攻で抜いてやろうと、強引に竿を絞ると、絞り切る前にツケ糸がヒラヒラ~。
使い続けていたからキズ付いていたみたい。

今日はヤル事成す事が裏目になる?もう13時だから帰ろうかなと思ったいたら、mashitagawaさんよりTEL。
「人がいないし、瀬で掛かり出したよ~」って。
こんな状況なんで、一緒に釣りをした方が楽しいかな?と合流する事にします。


淵の中の瀬ってポイントです。
流芯は深くて、オトリが底波に入ると一番上の目印(約3m)が見えるだけ。
DSC_1838.jpg
ココでもバラシ…。

泳がせになるから、しっかり針が食い込んでいなくて、反転するとバレる感じ。
DSC_1840.jpg DSC_1839.jpg
なので、しっかり針が食い込むよう、下流に落ちてから竿を絞る…。
それはそれで動けないんで、今度は抜くのが大変でした。

長さは22~23cmくらいですが、益田川らしい太さがあって重量がある鮎です。
DSC_1841.jpg
岩の隙間から釣りをしてるんで、どうもしっくりこない。

しばらくすると、mashitagawaさんがコッチのポイントやらない?って。
50mくらいの瀬のポイントを譲ってくれるそうです。
3匹ほど掛けたけど、身切れのバラシばかりだったとか…。
DSC_1842.jpg DSC_1843.jpg DSC_1844.jpg
画像は上流・目の前・下流側。すごく良さそう!
てっきりドン深で一歩も下がれない場所かと思っていたんで…。

アタリもスゴイ!ガガガーンとかズズーン!
で、鮎も太くて良型ばかり。プチ運動会が楽し過ぎる~。
DSC_1846.jpg DSC_1847.jpg
竿は急瀬竿ですが、所詮、競技系の竿なんで、抜く時はグンと曲がって折れそうです。
幸い、デカくて重い鮎は飛んで来る時は、ゆっくりなんで助かります。

緩く見えますが、結構、押しが強くて深い場所は立っていられません。
DSC_1850.jpg
大きな石に乗っているから大丈夫だけど、下りたら流されます。

この画像の左側でガガーン!そして流れを上る?かと思ったらヤバイ位置まで下る!
竿を折る覚悟で抜いてやりましたよ!ドサッ!
DSC_1853.jpg DSC_1852.jpg
ジャジャーン!デカイ鮎でした!
オトリも小さくないんだけど、全然小さく貧弱に見えますね。

チビ鮎と養殖は抜いて…パチリ。
DSC_1854.jpg
タモの中では大きく見えないけど、今回はどれも大きいサイズでした。

16時頃に納竿。
良いサイズを循環の釣りで…今期、最高に楽しい鮎釣りでした。
DSC_1855.jpg
帰路に、mashitagawaさんと夕食&反省会??
今回は(も?)一緒に誘ってもらって、場所まで譲ってもらって、至れり尽くせりに感謝です<(_ _)>

今年はどの川もスロースタートで、序盤、益田川もサイズが良くなかったです。
しかし、ココにきて去年並みのサイズが出るようになって、一気に楽しくなってきました。
今年の益田川の鮎は数がいるんで、サイズはバラバラですが、反面、デカオトリばかりで困る事も無いんで、効率良く釣る事ができまそうです。
今回、また増水したんで、今度の引き水が最後の爆釣デーかな…??


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

コメントの投稿

非公開コメント

増水

デカ鮎が掛かってますね、本来の中山に成りましたか
仕掛けを一段上げます
17日に行きましたが中山はやはり増水で私達の手に負えず
下呂地区まで行きました、
又雨降りが続き暫くは中山七里地区は入れないか?----です。

益田川

車中泊でしたか!
夜は涼しくなりますから、よく眠れますね。
眠るまでの時間が一人ですとヒマです。
呑める人は良いですが!

来週の水曜日なんて最高かも、、、

太い!

益田川!流れも太いが、鮎も太いですね!
これだけ広い場所で『こちに来るんじゃぁねぞ』オーラ!
郡上では考えられません(笑)
それだけ大物と遊べば最高でしょうねぇ~
ドサッ!いい響きです!
車中泊の経験はないですが、いつかやりたいと毎年家族に言ってます(笑)

益田鮎

今回は、連チャン釣行でしたね~
まだ水が高いけど💦
こっちに来るんじゃねーオーラ
ケンシロウのように、闘気が見えましたか(笑)
それだけ遠ければ、いいんじゃないの?って思いますけどね
さすが益田鮎!!デカイですね~
そんなん見ちゃうと、津保鮎が中学生くらいです( ;∀;)

Re: 増水

釣りお爺さん、こんばんは
コメントありがとうございます

そうですね~。
今は掛かる鮎、全てが太い鮎で、時に25cm級が混じります。
だけどデカイ鮎は海産なのか、本来の益田の鮎より尻尾が長い印象です。
これからは益田川の最盛期じゃないでしょうか?
中型鮎も多くいるんで、デカ鮎ばかりじゃなくオトリ継ぎが楽ですよ。
今年は長く楽しめそうですが、時に大雨とかで一気に終わるんで休みは無駄にできませんね。

Re: 益田川

かやのたもさん、こんばんは
コメントありがとうございます

残念ながら?車中泊です…(p_-)
お盆中で、実際に私が行くような金額のお宿はどこも空いていなかったです。
夕方までは、お昼の熱気がありましたが、夜中には涼しくなっていました。
> 眠るまでの時間が一人ですとヒマです。
そうですね↑ 私もそう思いました。
もちろんお酒は飲みましたが、一人じゃ酔うほど飲まないんで…。
睡眠薬にはならなかったですね。

Re: 太い!

たれれさん、こんばんは
コメントありがとうございます

益田川って不思議です。
なぜ太く大きな鮎になるのか…?
正直言って、今年は大きくならないんじゃないかと思っていました。
この御仁、離れている私が近付くと明らかに釣りを止めて、竿を担いで真正面で向き合って睨んでくるんです。
郡上は普通に混んでます。益田では、これだけ空いててなぜコッチに来るんだ?って気持ちだと思います。
私が逆の立場だったら、ヤッパリそう思いますもん。
しかしこの後、この御仁、対岸に移動したらしく、前日の益田の名手がベスポジをGET、入れ掛かりさせました。
タイミングが悪かったです(p_-)

車中泊は各々車(テント代わり)と夜宴で楽しさ10倍増です!

Re: 益田鮎

もっさん、こんばんは
コメントありがとうございます

そう。連荘なんですけど、ノンビリでそう感じなかったです。
海水浴からはバタバタで連荘っぽかったけど、前日の釣りは重役出勤&早退なんで、連荘感が無かったんです。
ケンシロウ?そうですね~。激熱の赤オーラでした。
鮎がいる事が分かってて、タイミングが悪くて攻めれませんでした。
> それだけ遠ければ、いいんじゃないの?って思いますけどね
そう思います!
が、逆の立場なら、これだけ空いててなぜコッチ来る?って感じだったんじゃないかと…。

ハッピーエンド!

ご一緒できて良かったです。
ラストの短時間でしたが楽しかったですね!
3,4匹釣るのを見ていたのですが、興奮しました。
ヤナでは苦戦すると誘って良かったです。
僕も良いのがとれて満足でした。

Re: ハッピーエンド!

mashitagawaさん、こんばんは
コメントありがとうございます

展開から、ホントにハッピーエンドでした。
あんな良型が連発するとは思っていませんでしたね~。
プチ運動会…今年一番楽しかったです。
やはり大きい鮎は掛けても、循環させるのは本当に難しいと思います。
そう言う意味でも、ツ抜けできた事は大きいです!
またご一緒しましょう!
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示