12/21(水)ハゼ釣り(弥富市・玉や丸)

今年も残すところ僅かとなりました…。
ありきたりですが、終わってみると一年は早いものですね。
実際は、山あり谷ありの一年だったはずなんですけど…。

自身にとっておそらく、今年最後になるだろう釣行、今年最後になるだろう暖かな日…。
どこに行こうか?ずっと迷っていました。
北陸でさえ風もない予報だったんで、ボートで?と一瞬思いましたが、久し振りに行って、その日だけが釣れるのか?
北陸って天気の急変も怪しいし、全てを予想の半分、イヤ全てを疑って掛かった方が良いのか?
それでいても、そもそも船外機の準備が面倒なんで却下!

師崎の乗合船ではヒラメやコチがメイン…。
青物だったら行くんだけど(後日知りましたが、現在、青物が回っているとか)。
結局、イージーな釣りを考えて、近く木曽川河口の乗合船でハゼ釣りに行くことにしました。
DSC_0881.jpg
『玉や丸』です。
何艘かの船があって、今回の船は師崎の乗合船みたいにデカくて快適です!
私は5~6年前?に一度来たことがありますが、他の方は船頭さんに名字で呼ばれたりしてて、常連さんっぽくて緊張します。
たとえゼーハー釣りと言っても馬鹿にしちゃいけません。(誰もしてない?)
『釣り』という経験はあっても、どんな釣りも独特のコツ(?)がありますから…。

2人・2人・1人・1人の全員で6名。
予約の順に釣座を決めれるみたいで、前日予約の私は一番最後…凹
しかし、左舷大トモ(左後)が残っていて、良い釣り座に恵まれました♪

木曽岬町の『境港』だったけな?のんびり出たかと思ったら、本川で一気に加速。
DSC_0882.jpg DSC_0883.jpg
颯爽と走る、かなりの高速艇ですね。
普段、波もウネリも少ない河口なので、より力強く感じます。

名古屋港~!んん?キリン?ブラキオサウルス?
右手にナガシマスパーランドを見た直後のせいなのか、なぜかジュラシックパークを連想します。
DSC_0884.jpg
以前、トレーラーのコンテナークレーンだと聞きましたが…?
朝靄の中に見えると、歩き出しそうでちょっと怖いですね。

恒例の日の出で~す!
DSC_0888.jpg DSC_0891.jpg
もう10分ほど早かったら完璧だったかなぁ。

この辺は『川越火力』沖になるんでしょうか…。
右側に目印の三角塔(煙突)が見えます。左側は霞埠頭かな…?
DSC_0892.jpg
まずは私に本命ハゼが2匹釣れました。
周囲もポツリと釣れますが、やはり単発です。

ひんやりとした風と共に、周囲には靄(もや)が…!
DSC_0894.jpg
海上で霧??初めてですね。
それより、この霧メッチャ寒いんですが…!

氷の粒のような霧です!
DSC_0895.jpg DSC_0896.jpg
霧はどんどん濃くなり寒さはMAX!こんなん予報にあったかな?寒過ぎです!!
ラインの先もほとんど見えません。

寒さのせいかアタリも止まったんで、何度か移動しますが反応はイマイチ…。
DSC_0897.jpg DSC_0898.jpg
寒いし釣れないんで置き竿にして退避。
そこで『ぷしゅ~』と。意外と鋭い苦みの冬金麦。しかしさらにメチャ寒でしたわ。

1時間ほどで霧は消え、ようやく予報通りポカポカしてきました。
移動の度、ポツポツ拾い釣りして…って感じです。
DSC_0899.jpg DSC_0900.jpg
そんなに釣れないし、6人だけなんで、乗合船ながら2本竿OKとのことです。
通常、複数竿の持ち込みはOKですが、『垂れる竿は1本だけ』が乗合船の鉄則です。
お隣の右舷の方は3本竿でした\(◎o◎)/!

船だけあって、ゼーハーと言っても型はまずまず。
DSC_0902.jpg DSC_0903.jpg
しばらくすると、船頭さんより『シジミ汁』のサービスが…!
船というシチュエーションに塩っ気がとっても体に染み、シジミも赤出汁も美味しかったです!

この日は11:20頃が満潮で、それ以後の方がアタリが出た気がします。
沖に見える堤防っぽいものは、流導堤(揖斐川)かな?
DSC_0904.jpg
この辺を行ったり来たりの流し釣り…。
14時までとのことなんで、少しづつ片付けながら釣果を確かめると32匹…。
最後に2匹追加して、34匹で終了となりました!

乗合船のハゼ釣りで34匹じゃあ、少々物足りない気もしますが…。
船頭さんが言うには、ハゼ釣りは船頭にとっては一番難しいって。
理由は、特に今の時期は同じ場所で釣れないんで、ポイント探しが大変なんだって。
固まっている時は、同じ場所を何度も流したり、アンカーを打てば良いんだけど、ポツポツの場合は特に困るって。
今回、乗ってみて何となく分かる気がしましたね。
DSC_0906.jpg DSC_0907.jpg
ナガシマスパーランドを見ながら帰港…。
いやぁ、想像以上に奥が深くて面白い釣りでした。

自宅には4時前に帰宅。
全て開いて真空パックとしました。
DSC_0908.jpg
結果的に、釣れ過ぎなかったおかげで(?)夕方までに処理も終えることができました。

船釣りは一見大変そうに見えますが、竿とクーラーと市販仕掛けとオモリのみで良いので楽チンです。
今回は自宅から僅か30kmなんで、余計に楽チンだったのかな?
竿頭はお隣の右舷の常連さん。45匹と言ってました。
3本竿に、全針のチモトにフロート?っぽいものを付けて、本格的な釣り師でした。
その工夫や情熱に比べたら、私の釣果は納得ですね…。

どうやらこれが今年最終の釣行になりそうです。
来年早々、寒いからワカサギでなく、こんな時期だからこそ、一発大物ってのも面白いかもね…??


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

コメントの投稿

非公開コメント

ハゼ

結論はハゼになりましたか!
釣りの為なら早起きもなんのその!
遥さんの年代ならば当然?必然?自然?

江戸前のハゼ釣りで乗合船は聞いたことありますが、この辺でもあるんですねえ。
沖に出ただけに良い型ですねえ。
捌きがいがありますね。

仕掛けのフロート

くまきちも仕掛けにフロート派ですが
投げ釣りなんでモトスに付けて、仕掛け全体を浮かせてます
キスもハゼも底もののように思われてますが、上のエサも捕食してるようです
仕掛けを止めても動きが出るので、くまきちのようにマニアックすぎて仕掛けが引けない場所でもタテの動きが足せます
船も同様の効果を狙われてるのかと・・・

ハゼっていつまで釣れるんでしょうか?
河口だとこの時期投げてもフグしかいないようですが
( ̄(エ) ̄;)

Re: ハゼ

かやのたもさん、こんにちは
コメントありがとうございます

ハズレが少なく、お手軽装備に、できれば近場…がこの選択でした。
早起き?今の時期なんで、乗合船にしては遅い方です。
さらに近いから自宅を出たのは6時です。
しかしハゼ愛MAXな釣り人が多いのには驚かされました。
キス釣りより好きだって言ってましたよ\(◎o◎)/!
船内は和気藹藹でしたんで、釣れない時に「ハゼ釣りってこんなに難しかったかなぁ。」と言ったら、「今の時期はですね、云々…」って船頭さんにも諭されました。
近い内に、キスとハゼの天ぷらで味比べしたいです。

Re: 仕掛けのフロート

くまきちさん、こんにちは
コメントありがとうございます

ハゼ釣り、完全にナメていました。反省点多々アリです。
エサは底ベッタより、若干浮いていた方が良いという事は、何となく理解できます。
それに、水深が主に3~10mのポイントでしたから、蛍光・赤が目立つという事も…。
キス釣りでは、後付け用のビーズやラメ、フロートも一応持って行きます。
でもまさか、ハゼでそこまで工夫するなんて思いもしませんでした。

木曽三川河口の乗合船は、1月一杯まで操業してる(=釣れる?)ようです。
しかし、河口沖の四日市付近では、火力発電所や一文字堤があって、冬でも大釣りすることも…。
かくいう私も、3月に一文字堤でメバル釣りで撃沈、チョイ投げしたら良型ハゼが連発したことがあります。

乗合船

乗合船のハゼ釣りご苦労さんでした
海釣りは朝が早いですね1日船に乗り大変ですが
そこは慣れている貴殿で私には真似できません
ハゼも釣れお土産も出来ての今季納竿
しばらく休憩して来季につなぎましょう。

Re: 乗合船

釣りお爺さん、こんにちは
コメントありがとうございます

乗合船は楽ですね~。
今回、改めてそう思いました。
海釣りは朝が早い?そんな事ないですよ。
朝7時に出船ですから、渓流や鮎に比べたら遅いんじゃないかと…。
海(遊漁)の場合は、出船は日の出以降と決まっているので…。
この日はナント!『冬至』でしたから早く見えちゃうんでしょうかね?
当然、夏至では早くなって、渡船屋さんによっては4時半ってこともあります。
これで金額は一緒なんで、少々複雑な思いですね。

ハゼ釣り

ハゼ釣りに乗合船があるなんて、失礼ながら思いもしなかったです。
しかも一人前(?)な値段なんですね。
そんな事言ったらニジマスの管理釣り場で1日3000~4000円は高いと思うかもしれませんけど。
そこに価値を見出すかどうかでしょうね。

沖にもハゼがいるんですね、しかも大きいし。
これまた初めて知りました。

乗合船?

ハゼは波止釣りだと思っていました。
流石に沖釣り型が良いですね、刺身が美味そうv-221
後一回ワカサギ釣りで今年の納竿とします。

Re: ハゼ釣り

mashitagawaさん、こんばんは
コメントありがとうございます

今の時期はあるんですよ!ハゼの乗合船が…。
エサ付きで、7500円ですね。
私も初めて乗った時は元本割れ感があって「ハゼじゃ損じゃね?」と思いました(笑)
しかし実際に乗ってみると、アタリはキス並みに強烈で、悪いなりにも釣れるし純粋に楽しいんですよ。
管理釣り場もきっと、そんな楽しさのプライスレスな価格なんじゃないでしょうか?
> そこに価値を見出すかどうかでしょうね。
正にその通りだと思いますね。
筏釣りも3000~4000円ですが、エサ代と交通費が共にそれ以上掛かり、各条件で天井知らずです。
乗合船は人並みの釣りをするなら、安定のコミコミ7500円なので安いとも言えますね。
沖釣りと言っても、伊勢湾の内湾は、ほぼ木曽三川の河口同様なのかな。
冬は、そんなちょっとした深場で越冬ハゼが釣れるんです。

Re: 乗合船?

やっさん、こんばんは
コメントありがとうございます

基本的に、ハゼのポイントは内湾の汽水域です。
寒い時期は、大半の個体は汽水でも海寄りの深場に移動するようです。
刺身は歯応えのある、プリプリ系の身だったようです。
ワカサギですか?まだ寒過ぎないからイイですね!
我々のホームの余呉湖も、最近は良い釣果が出ているようです。
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示