6/24(水)鮎釣り5(益田川1)

いよいよ、HR(ホームリバー)益田川が全面解禁しました!
解禁日には行けませんでしたけど、前夜の急増水で支流以外は竿が差せなかったとか…。
そう言った意味では、ほぼサラ川状態の益田川。
大いに期待を胸に解禁4日目で釣行しました。

今回は単独釣行で、オトリ屋さんの近くで仮眠(マジ寝?)していたら、誰かが横に…?
PAP_0102_20150624210832ef2.jpg
ん?だれ?警察?誰かと思えば、T氏でした。
別動隊で友人Kさんと共に来たそうです。単独なら、一緒に行動したいとの事。
外は寒い!気温は17℃ですが、水温はどんなものなんでしょう?

時間は5時頃。オトリの益田屋さんより、焼石の川原を撮影。
PAP_0101_20150624210830b94.jpg PAP_0100_20150624210829bf6.jpg
聞けば、前日夕方の雨が降ったようです。
どおりで、道中、濡れた箇所が多かったんでしょう。
平水と聞いていたけど、ここ中山七里の焼石で40~50cmほど増水しています。

どこに行こうか迷ったけど、安定していそうな下呂市街にしました。
下流側、手前よりKさんとT氏。
釣り座の正面。
上流はメッチャ早い時間より、一人釣り人が入っていました(釣れるって意味かも)。
PAP_0099_20150624210829bd8.jpg PAP_0098_20150624210827f67.jpg PAP_0097_2015062421091382c.jpg
最初に私が「お先にご無礼~!」と釣り開始!続いてお二方も…。
時間は刻々と…。ん~どういう事なんでしょう?
入れ掛かりとは思わなくても、上手くハマればそれに近いかと思っていた。
5分降ったっても10分経っても音沙汰無し。ナゼ?昨日の雨?低水温?
何だかんだで30分経過。メッチャ寒いです!
どのくらいって?例の如く、体と共に竿がガタガタ震えるくらい。

流芯をメインにやって無反応だったけど、緩い場所もダメな様子。
ならば!と、深くて太くてキツイ激流に5号オモリ装着で、ぶち込んでやりました。
オトリが馴染んだかな?と思った瞬間、ガガガ、ガ~ンと強烈なアタリ!
PAP_0095_201506242109103ae.jpg PAP_0096_20150624210911055.jpg
ついにキタ?!でも、どうも変な感じ。デカイし茶色いし!
うりゃ~と強引に抜いたら、ゆっくり飛んできました。アマゴ!
太い本流アマゴでした。26cmくらいあるかな?これなら外道だけどチョット嬉しいかも。

どうも、ここに鮎が居て、釣れるって想像がつかない!
同行のお二方からも「ココって、本当に鮎いるの?」って、そんな質問が。

水引きの遅い益田川なんで、待ってて水位が下がる期待も薄い。
「ここでダメなら他もダメでしょ」って思ったけど、心中するなら、心停止前に移動した方がイイと判断。
お二方は、以前イイ思いをした、上村堰堤の下の深トロでじっくりやりたいと言う。
そこなら、私は上流の瀬ができる…じゃあ移動しましょう。


別々に駐車して、各々川に入ります。
仕掛けをセットしていると電話。T氏から。
「下流は水位も流速もあってやれない感じだけど、そっちはどう?」って。
「10cmくらい高そうだけど、釣りはできると思うよ!」と返答。

結局、コチラに来ることになりました。
移動時、川見をしたけどどこも貸し切りです。まぁ、さっきもそうでしたけど…。
上流より私、T氏、Kさんの順で釣りをしていましたが、二人を避けてどんどん釣り下ります。
PAP_0089_20150624211020cc7.jpg
1匹バレ、その後、ウグイ2連発
こうなると最初の1匹目の魚も、鮎って確率は低そう…。
PAP_0093_201506242109086a1.jpg PAP_0092_20150624210907b77.jpg PAP_0090_201506242110216fa.jpg
しかしポツポツとですが、下流部では待望のも掛かりました。
上から下まで釣り下って、3号オモリ付けて、引っ張り回してようやくですわ。
しかし、ここでお二方はノーフィッシュ。で、移動を決定。
ココまで来ると、どこもダメなんじゃないか?と再三思うんですけど。
去年の解禁日だったけなぁ?
益田川の解禁前日に雨が降って、当日、どのポイントも沈黙しちゃったって話は…。
そんな話と今日が重なって感じたりする。

タモにはグロッキーな白腹オトリを入れて7匹
逆算すると、純増4匹か?自分的には釣った感はある。
でもロストがあり、また出入りの激しい釣り。
こういう場合、仮に5匹釣って5匹ロストしたら、内容までもゼロなのだろうか?複雑な思い。

PAP_0088_201506242110191f7.jpg
今の内に画像を残しておこう!とパチリ。
これが正解でした。で、またまた移動。


今度は益田大橋の下流
理由は、ココの橋の下が日陰で、とっても快適だったから。
PAP_0086_201506242110177dc.jpg PAP_0087_201506242110183dc.jpg
橋の上流と、橋の下流。
こんな場所を釣り下りましたけど…釣果無し!
それどころか、マイナス2!
掛けたけどバラシ(ロケット)が2回あっただけ。
ポイントはどっちも流芯でした。

この下流に白泡の瀬があって、その瀬肩まで釣り下りました。
PAP_0085_20150624211402f43.jpg
11時半で納竿。期待>労力>釣果でしたね~。
心身ともに疲れましたよ…。

着替えながら談笑。
アチコチで色んな釣り人と話をしましたけど、ほとんどの方がボーズだったと思います。
みんな笑顔で口数も多く、ダメな時間を共有すると、釣り人は釣れる時以上に正直で、また仲良くなれるようです。
PAP_0084_20150624211400c79.jpg
ぷしゅ~『残念~』
mashitagawaさんに、脱帽宣言をして帰路に就きました。
今度こそ…!と思う反面、今も不安の方が大きい私です。

かなり凹みました。完全にミツバチ(人の不幸は蜜の味)内容です。
どうぞ笑ってやって下さい(p_-)


スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示