10/9(月・祝日)筏釣り(尾鷲市・賀田1)

家族3人で、尾鷲市賀田へ行ってきました!
今回お世話になったのは糸川渡船さんです。
ココは優しくて、商売っ気が無い感じの渡船屋さんで、今回はカセや小割じゃなく『筏』です。
まぁ身近な女・子供だし、何をワガママ言い出すか分かんなかったからね。

朝は6時半が出船とか。渡船場には15分前に到着しました。
だけど、雨ザーザーで、二人は釣りどころじゃないってさ…凹
スマホで天気予報の確認をすれば、ずっと雨の予報。雨は尾鷲だけみたい。
なので、私のレインウェアは嫁さんに。
チビッコ君には、コンビニで600円位の雨合羽を購入。
幸いに我慢できないほどの寒さじゃないから、私はウインドブレーカーのみ。
三人とも早期終了と、着替えのフルセットと温泉を頼りに決行!

雨のせいで、ぷしゅ~をしながら、いつも以上にスロースタート。
上着を伝う雨水がズボンを濡らし、正に下着まで染みって来る頃、小降りになってきました。
DSC_0027_201710101246286eb.jpg
雨が止んだ今の内に?と、釣座からの風景をパチリ。

筏での二人の釣り姿と、私の釣座。
嫁さんと子供、二人で1セットのタックルを使っています。
DSC_0028_20171010124630734.jpg DSC_0029.jpg
ココでは何度か紹介していますが、筏について…。
筏はいわゆる牡蠣筏や釣り筏のこと。
小割は養殖イケスの通路にコンパネ板を設けた釣座。
カセは使わなくなった舟をロープやブイ、養殖筏などに設置、釣座としたもの。

そんな特徴や固定方法から、筏は浅い場所に掛けられます。
本来、深い場所が好きなんですが、仕方ありませんね…。

そうそう。
筏には、こうやって四方を囲まれたトイレもあります。
DSC_0031_20171010124633100.jpg DSC_0030_201710101246325ca.jpg
トイレと言っても、引力式と言うのか、元祖水洗式と言うのか…(笑)
中には便器すら無くただの穴だったり、分かり難いトイレもあります。

三木里方向を望む…。
DSC_0032_20171010124635044.jpg
街並みは、古江町です。

ここは想像通り浅いポイントでした。
リールのカウンターでは13~14mくらいで、初心者にも釣り易い水深。

で、ダンゴを撒く前から、ポツポツ釣れて、ダンゴを撒いたら入れ食いです。
DSC_0034_2017101012463878b.jpg DSC_0036_201710101246393ba.jpg
基本的にヘダイがメインで、カワハギが混じり、時々キタマクラ(グーフー)やその他の魚が…。

小魚、雑魚ばかりですが、女・子供にはちょうどイイです…。
DSC_0033_20171010124636f7b.jpg DSC_0037_20171010124641414.jpg
底を切ったところで大きなアタリ…。
アジが回ってきたみたい。二人の仕掛けは枝スが短く、アジは釣れ難い…。
なので、私はアジを中心に釣りました。

結構なペースで釣れたんで、10時半にはお迎えを呼んで、11時には帰港しました。
DSC_0038_201710101246421eb.jpg DSC_0040.jpg
この一帯の岸壁で、投げのキスやアオリイカ狙いの方が多いそうです。

今回の釣果。
ヘダイたくさんに、カワハギ10匹、アジ8匹…くらい?
DSC_0039.jpg DSC_0041_20171010124647abd.jpg
釣果は釣れて良かったな…程度ですが、雨が止んだ事がとってもラッキーでした!!

このまま、夢古道の湯でスッキリ!
祝日で混んでるかと思いきや、お風呂はガラガラでした。

尾鷲の『さんき』で昼食。
嫁さんとチビッコ君は、あつあつポテト(380円)と海鮮丼(1500円)。
DSC_0042_201710101246480eb.jpg DSC_0043_20171010124650d3b.jpg
私は海鮮さんき御膳(1500円)。

ココはうどんにそば、洋食からお寿司まで何でもあって、どれも美味しそうでした。
今度来る時は、他の物も攻めてみたいですね。

帰宅して、3匹以外のヘダイは、前回一緒に釣行した、近所の中華料理屋さんに引き取って頂きました。
DSC_0044_20171012235927a92.jpg
カワハギは鍋用に処理して冷凍。アジも3匹は焼いて、それ以外は冷凍。

翌日は五圓弥さんで、珍しくまたしても家族一緒です。
DSC_0046_20171013000334971.jpg
せっかくの3連休でしたが、船外機の不調で、この筏釣りだけになってしまいました。
なんとか、船外機の調子は良くなりましたけど…今後ちょっと不安。


スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

10/4(水)筏釣り3(南伊勢町・方座浦1)

今回も筏釣りに行って来ました。
近所の中華料理屋さん(正確には台湾料理?)で、中国人の御夫婦&娘さんも一緒に…。

先日、チビッコ君と食事に行った時でした。
ココの店主、私が釣り好きなのを知っていて、行く度に、あちこちのポイントを聞いてきます。
タブレットの地図を見せ「ココは何が釣れる?」とか「駐車場はどの辺か?」とか、マジメで研究熱心なんです。
そんな時、今週は私と休みが一緒だという事が分かって「是非、釣れてってくれ!」って…。
今回は堤防とかじゃなく『筏釣り』なんだけど…?
「何を用意すればいい?」「竿とリールだけで良いよ!」

そんなこんなで、当日、彼らを乗せて出発!
私に忘れ物のトラブルがありましたが、ちょっと遅れながらも無事現地に到着。
DSC_0008.jpg DSC_0007_2017100623034109e.jpg
いつもの方座浦です。

キレイな日の出ですが、メッチャ風が強い!
DSC_0009.jpg DSC_0012_201710062303482df.jpg
筏の初心者さん…と言うより、娘さんは大丈夫か?
DSC_0010_20171006230347bc9.jpg
ほら。こんなんですよ!

3連の養殖筏の一番奥に乗りました。
DSC_0014_2017100623035149f.jpg
我々は4人。真ん中の筏には一人。その向こうには二人乗っています。

彼らには胴突き仕掛けをセットして、まずは虫エサで開始させます。
その間に、私自身のタックルのセットと、寄せ餌のダンゴを作り。忙しいです!
DSC_0013_20171006230349c24.jpg
水深は30mチョイあるんで、速攻性を期待して、一気に10個近いダンゴを投入!

その甲斐あってか、徐々にアタリが出るようになり、ヘダイが寄って来ました。
DSC_0015_20171006230822e29.jpg DSC_0016_2017100623035427b.jpg
御主人は胴突き仕掛けでヘダイ連発!
対して奥さんは、風で筏が揺れるんで、娘さんとお歌の稽古…?

釣果がようやく安定してきたんで、ぷしゅ『カンパ~イ!』
DSC_0017_20171006230355844.jpg
しかし、こんなに風が強いのは予想外でしたね…。

私もようやく…。案の定、ヘダイがメインでしたが(笑)
DSC_0018_201710062303579ec.jpg DSC_0019_201710062303581a4.jpg
時に掛かって、メッチャ引くのは大ボラ!

忘れた頃にチャリコも掛かってきました。
DSC_0020.jpg DSC_0021_20171006230401ab7.jpg
キレイな魚体でした!

今回は客人の希望で、15時まで頑張りました。
DSC_0022.jpg
午後からは、晴れて風も治まって快適でした。

釣果(ほとんどヘダイ)です。他にはボラとアジ、チャリコなど。
DSC_0024_201710062304061fb.jpg DSC_0023_20171006230404c03.jpg
お店を経営してる中国人って、アチラの方同士の友人も多く、最初からお魚は持って帰る気満々。
私の釣果は喜んで献上しました!

これ、釣ったボラの卵です。
いわゆる『カラスミ』の原材料…。
DSC_0025_201710062304087f8.jpg
手首よりずっと太いですよ\(◎o◎)/!
ボラ5匹に対して、メスは1匹だけでした。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

9/27(水)筏釣り2(尾鷲市・三木浦1)

最近はブログアップが遅れがちですが、今回はSDカードの破損でオリジナル画像が無くなってしまって…。
なので、画像が小さいので悪しからず!!

単独、筏釣りに行きました。
場所は尾鷲のさらに向こうの三木浦!
でも尾鷲市です。

まずは市街のすき家で、朝食&弁当を購入。
1506496850145.jpg
ここらでは珍しい24時間営業なんで助かります!

乗ったのは『カセ』と呼ばれる浮船。
1506496850039.jpg
湾奥側の正面(周囲?)には、いくつもの養殖筏が浮いています。

画像左は外海側で、釣り座の背面。
1506496849909.jpg 1506496847301.jpg
画像・右は釣り座の右側。ちなみに左側は渡船場です。

まずは虫エサを付けて落とすと、着底と同時に小刻みなアタリ!
秒殺。エサが盗られたみたい。

次は持ち竿で…。
ウリャ!と合わせると、まぁまぁ引く…ヘダイ!
15~16cmくらいで超~小さいけど。
ん~。これは退屈はしないで済みそうかな?

さて、ゆっくりダンゴを作って、正面に3個ほど投入。
今度はエサだけで落とし込んでいくと…『ギュン!』と、イキナリ引っ手繰るようなアタリ!
1506496847196.jpg
合わせると、乗った!シャープに引くけど軽い…カイワリでした。

今度は針掛かりしない…。
1506496847055.jpg
もしや?と、仕掛けを変えると、やっぱりのカワハギでした。

それからはヘダイ5匹に対して、カワハギとカイワリが1匹という感じ。
1506496841185.jpg
とにかくヘダイがスゴイ湧いていて、底はヘダイ地獄です。

カイワリって美味しい魚で、もう少し大きいと大歓迎なんですが…。
1506496841083.jpg
普通、デカくても20cmそこそこで、数もまとまって釣れません。

カワハギは時々ナイスサイズが混じりました。
1506496840957.jpg 1506496840738.jpg
このくらいだと結構な重量感です。

早弁をしました。
1506496840474.jpg 1506496839303.jpg
サンマ蒲焼き丼。う~ん、美味しかったけど、期待が大きかった分、イマイチだったかな。
1506496840026.jpg
CMで食事に合うというストロングゼロで流し込む…!

中盤以降、ヘダイの中に、小型ながらアジも混じるようになりました。
1506496840364.jpg
しかし釣れても、お魚はもう十分です。
針を外しても、スカリに入れるのが面倒で何匹リリースしたことやら…。

徐々に晴れてきて暑かったです!
1506496840157.jpg
風が吹くと涼しいんだけどね。

左側の固定された船がカセ。
1506496839514.jpg
右側が養殖筏です。

予定通り、13時には納竿して帰港。
1506496839643.jpg 1506496839766.jpg
釣果はたくさん!30Lクーラーに、こんな感じです。


汗をかいたんで、夢古道の湯に寄ってサッパリ。
1506496839866.jpg
今日の反省点や良かった点を思い出して、のんびり湯に浸かる…。
適度に釣れて、のんびり。最高です~また行きたいなぁ。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

9/20(水)レンタルボート釣り1(矢口浦1)

飲み友達?のMさんと、レンタルボート釣りに行って来ました。
このMさん、最近ボート免許を取得して、レンタルボート釣りにハマり掛けています。
会社社長なんで、スタイルが固まったらマイボートを買っちゃうかもね。

で、今回は尾鷲周辺のポイント案内を兼ねての釣りで、ルアーが主体です。
ボート屋さんは、『フィッシングつむら』さんです。
場所は引本浦の手前の矢口浦というところにあります。
DSC_1995.jpg DSC_1994.jpg
朝は5時頃に到着。若干明るくなってきましたが、まだ暗いです。
実はココ、他の渡船屋さんよりポイントの沖海に出るまでが遠いんです。
が、人当たりが良い船頭さんと、民家も少ない開けたロケーションが気に入ってます。

今回借りたのは、30馬力のボート。
ボートもエンジンも新しい事もあって、スピードもあって、快適に航行できます。
DSC_1996.jpg DSC_1997.jpg
FBに投稿する動画を撮影するMさんを撮った私…。

今日は曇ってて、いつもの日の出画像は撮れませんでした。
DSC_1999.jpg
この辺は引本湾を出た、尾鷲湾との境界辺りです。
一番右側の島(寺島)を目指しています。

まずは寺島の北側辺り。西側には磯釣り師が居たので近づけません。
DSC_2001.jpg DSC_2000.jpg
反応が無いんで、ちょっと浅い元須賀利の入口付近で…。
ココでエギを使ったら、何度も根魚らしきが食い付いてきました。
残念ながら、エギのカンナじゃあバラシばかりで、1匹もGETできませんでした…。

アチコチ移動するけど、どうも反応はイマイチ。
さっきの元須賀利と須賀利の間の岩礁帯でようやく良いアタリ!
DSC_2003.jpg DSC_2002.jpg
釣れてきたのは、30cmほどのアカハタでした。
ハタ系の魚は刺身でも美味しいけど、熱が入ると身がキュッと締まるんで、鍋とかに向くと言われます。
小型が多くアタリも少ないんで移動。

唯一持って来たエサが、石ゴカイ。
今度はキスのポイントで流し釣り。
DSC_2004.jpg DSC_2005.jpg
退屈しない程度に釣れますが、小型が主体でピンギスまで混じる始末…。
加えて、前夜は寝てないんで眠さMAX!船外機付きでも『舟をこぐ』とはこの事か?

もう一度根魚のポイントへ移動して再開。
DSC_2007.jpg
私にはこんなチビハタ。
ココでMさんが、40cm近いキジハタを釣り上げました!

終了が16時まで。
DSC_2009.jpg DSC_2008.jpg
今日は頑張って15時頃までやりました。

15時半頃に帰港。
ちょうど船頭さんがボートの係留をやっていました。
DSC_2010.jpg
実は、前日まで台風と大雨で、かなり白濁り(水潮)でした。
イカは不発でしたが、根魚はそこそこ釣れて、久し振りのボート釣りはリフレッシュできました!
また来たいですね~。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

9/19(火)鮎釣り14(益田川8)

前回は海(筏)釣りでしたが、今回は鮎釣りです。
まだ納竿した訳じゃありませんからね…。
いつもは、各河川ごとに納竿巡りをするんですが、今年はなぜかそんな気になれませんね…。

この日も自宅をのんびり出発。
益田屋さんで「おそらく最後になるかも…」と会話を交わしオトリを買います。
DSC_1969.jpg DSC_1970.jpg
時間は11時頃。焼石の川原の右岸。
この辺は浅くなっていて、川の真ん中付近まで立ち込めます。

徐々に晴れてきて釣れそうな感じなんですが、反応ナシ…。
正午までやって無反応ならば、潔く止めようかと思っていました。
DSC_1971.jpg
ですが、あろうことか僅か30分で、この画像の中央の沈み石の向こう側で痛恨の根掛かり!
しかも同じ場所で、根掛かりの2連発…!
イキナリ、オトリ残1!こんなんで、あと30分も先の正午まで維持できるのか?
根掛かりを恐れて、回収ができるよう、流芯を避けて竿を出します。

と、なんかオトリに違和感。ん?引き寄せると、やたら重たい…?
DSC_1972.jpg DSC_1973.jpg
掛かってる??アタリは無かったけど、盛期の引きは最初の一瞬だけで、すぐ抜けてきました。
良かった~|これで気持ち良く止められますよ。

上流を見ると、右岸に一人、左岸に3人ほどいます。
DSC_1974.jpg DSC_1976.jpg
右岸の方は帰られたのか、しばらくすると姿が見えなくなっていました。
しかし、どこからどう上がったのか?秘密の下り口があるんでしょうかね。

今の鮎はキツイ流芯にいるのか?緩いトロ場にいるのか?良く分からなかったんで境界を攻めます。
左岸の流芯と、右岸の掛け上がり部分の境界。画像の水面で分かりますか?
DSC_1978.jpg DSC_1977.jpg
時間は掛かったけど、もう1匹追加!
ん~。これでいつ止めてもイイくらい…。

現在の立ち位置の上流・正面・下流です。
DSC_1979.jpg DSC_1980.jpg DSC_1981.jpg
上流…さっきまでこの岩盤に人がいましたが、深くて流れも複雑で、友釣りでは釣り難くて良いポイントには思えません。
正面…流れの境界で釣れました。
下流…右岸の波立っている箇所は浅いです。

途中、急に掛かるようになって、連荘もあったり…。
しかし、ふと気付いたんですが、痩せたオス鮎ばかりなんです。
DSC_1982.jpg DSC_1983.jpg
ポイントのせい?タイミング?もう終わりってこと?
メス鮎も2匹だけ混じりましたが、サイズは小さく、体表がヌルヌルでオスとは全然違いますね。

この後もオス鮎ばかり…。
DSC_1985.jpg
ポツポツ掛かりますが、どうも状況が違っててスッキリしません。

鮎によっては、オトリ使用後15分で、この有様…。
言っときますが、死に掛けた鮎じゃありませんよ。
DSC_1984.jpg
この鮎を見たとき、もうやってられなくなりました。
15時で納竿!想像以上に釣れたし、私てしては頑張り過ぎました。

オトリさえ全滅寸前の-2匹から、結果、+14匹まで復活したんですから上出来です。
内容的には満足なのに、この罪悪感は一体何なんでしょう…凹
DSC_1987.jpg DSC_1990.jpg
当然、今日の鮎はリリースです。
ここでもふと思ったんですが、下流に行き来できるダムがあって、なぜ湖産の鮎は自然繁殖しないんですかね…。


他の川なら無論、益田川でも、まだ若い鮎は居るかと思います。
たまたま益田川が、このポイントだけが、こんな状態だっただけかもしれません。
DSC_1989.jpg DSC_1993.jpg
だけど、各河川の納竿巡りはせず、これにて今年の鮎釣りは納竿とします。
今期、一緒に釣りをした方、またお会いできた方々、ありがとうございました。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示