9/23(水・祝日)~24(木)鮎釣り17(長良川4)

巷では、シルバーウィーク最終日の23日、呑の会メンバーで長良川で宴会をやりました。
一応1泊2日で、宴会がメイン?ですが、もちろん鮎釣りもやる予定です。

朝9時頃、かやもたもさんと美並の道の駅で待ち合わせ。我々は先発隊。
今回の場所は、吉田川との合流点の左岸。のんびり向かいます。
有名ポイントだけあって、数台の車両が停まっていますが、まだ空きスペースはあります。
まずは二人でイスをセットして、ビール片手にまったりとおしゃべり。ステキな時間です。

しばらくすると、鮎原人さんとへいぞうさん、Kさんがお見えになりました。
少し話し込んでから、重い腰を上げ、せっかくなんで釣りしましょうよ!って。
各々着替えて釣り開始!
PAP_0085_201509261239051ee.jpg PAP_0086_201509261239066b5.jpg PAP_0087_20150926123908cc2.jpg
上流・下流の瀬は混んでいたんで、私は正面のこんな深トロポイントを…。
タモさんも同じ場所でした。

深い芯寄りで竿を出して、数分で23cmクラスが掛かり、その直後に18cmクラスが掛かりました。
「あれ?全然釣れるじゃん。これはツ抜けできるかな?」なんて考えていたけど、そんなに甘くなかったです。
それっきり。
というか、頑張っても良い結果は見込めそうもないなと、早々に諦めて竿を仕舞いました。

立ち位置からテン場を見る…。
PAP_0084_20150926123903d0a.jpg PAP_0083_20150926123902647.jpg
カワムツ?オイカワ?落ち込みの白泡付近で、コイツが2匹掛かりました。

たもさんは、ここで3匹釣ったそうです。
あまり型は良くなかったとか。タモさんの下流で、腰まで入っているのはKさんです。
PAP_0081_201509261239538c0.jpg
予想以上に水温が低く、寒かったんで着替えてホッとしました。

徐々にみんなも川から上がってきて、まずはテーブルにはスピードメニューが並んで…。
PAP_0080_201509261239516d9.jpg PAP_0079_201509261239508a3.jpg

七輪に火が入ったんで焼き物も…。
PAP_0078_20150926123949e91.jpg PAP_0077_2015092612394773a.jpg

〆と言うより、中間食としてでてきたメインディッシュ。
ザ・へいぞうカレー’15
PAP_0076_201509261240364f8.jpg
欧風ビーフカレーと言うか、ホテルカレーと言うのか、上品でとっても美味しかったです。
しかし、ココで満腹になってしまい、この後の飲み食いのペースが急落…w
酔い加減は低いんだけど、喉を通らないくらい苦しかったです。

口を潤すように、お茶を飲んでいました。
鮎原人さんが、翌朝仕事でお帰りになるんで、一抜け。
Kさんが眠いからって、二抜け。
タモさんは椅子に掛けたまま寝ていたような…?
尺鮎さんとへいぞうさん、私でしゃべっていたけど、明日の事もあるんで、0時過ぎに就寝としました。(-_-)zzz


朝はタモさんの音頭で朝食。
食パンと卵を買って来られて、流石というか、慣れたものです。
ごちそう様でした<(_ _)>

そうこうしていると、雨がパラついてきたんで、イスやテーブルを片付けてから釣り支度。
今日は平日。さすがに川も空いていますね。
昨日、トロ場での反応はイマイチだったんで、下流の瀬に行く事にしました。

遊歩道を歩いて下って川に入ると、近くに尺鮎さんやへいぞうさんもいました。
左岸よりを釣り下ります。
開始は9時過ぎ。最長、正午までと決めて入川。
PAP_0074_20150926124034227.jpg PAP_0075_201509261240361dd.jpg
鮎は少なくて、ピンポイントで反応がある感じ。
デカくはないけど、良いサイズが掛かります。

漁協前付近、こんな渓相のポイントです。
PAP_0072_2015092612403071d.jpg PAP_0073_20150926124032d80.jpg
画像・左が下流。画像・右が上流です。

中央チョイ右側付近にへいぞうさんとタモさんがいるのかな?
PAP_0071_2015092612412947c.jpg
ポイントは浅いので、根ががり回収も、渡渉も、どこでも行けます。

左…このサイズを抜くのは快感ですね~!
PAP_0069_20150926124128e48.jpg PAP_0068_20150926124127645.jpg
右…真っ黄っ黄の鮎もいました。
粘ればまだ釣れそうですね!

正午で納竿。車に戻ってみたら、全員戻って来ていて、着替えている方もいました。
PAP_0065_20150926124125366.jpg
9匹でした。サイズはバラバラですが、半分は良いサイズ(23cmクラス)でした。
ポイントによっては、長良川はまだまだイケそうですよ!

ちなみに私は今回で納竿の予定です。
(今となっては、かなり昔の話になってしまいましたが…)

鮎釣りを通じて知り合った方々、今年一年、色々お世話になりました。お礼申し上げます<(_ _)>
また、来シーズンもよろしくお願いします!


スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

9/16(水)~17(木)鮎釣り16(神通川2)

しばらく放置中で、失礼致しました…。
携帯のSDカード(画像がある)のトラブルが理由の一つではあります。
でも実際は、アップしたくなるような華やかな話もないし、外食や飲みに行く回数が増えて、なかなか落ち着いてPCの前に着けなかった事かな。

ん~。今となっては、かなり前の話になってしまいました。
9/16、せっかく年券を買ったんだからと、もう一度、神通川に行く事にしました。
今回は単独釣行。大物が釣れたらラッキー?ってノリで…。
PAP_0062_2015092513025351b.jpg
仕事で富山入りしている鮎原人さんと、「夜は繁華街で一杯やろうか?」なんて話もあったりしたんで、それも行く理由だったかな…。
釣行前夜に、ハナカン周りを10セットほど作り、準備万全。

道中は寒かったです!飛騨清見付近では12℃でしたよ。
現地に着いたのは6時頃だったかな?
ポイント選びでウロウロと、時間をロスして、実際に川に立ったのは7時過ぎくらいかと思います。
場所は新保橋の下流ですが、前回竿を出したポイントより、さらに300~400mほど下流。
PAP_0058_2015092513025059b.jpg PAP_0059_20150925130251905.jpg PAP_0060_20150925130252100.jpg
なかなか良いポイントに入れたんですが、私は無論、誰の竿も曲がりません!
前回はポツポツ釣れていたんだけど、その時とは、全然勝手が違うようです。
唯一、私が移動する頃、対岸の方が竿を曲げていたかな…。

この画像の中央の方の位置で頑張ったけどダメ。
竿を仕舞っていると、ちょうどやって来て、私と入れ替わりました。
PAP_0057_20150925130248d2d.jpg
この前後流をやりましたが、1バラシ(ロケット)があっただけでした。
10時前には撤収して移動!

その後、有沢橋に移動しましたが、コロガシの方でさえ「今日は掛からん!」って。
話を聞いてみると、実はその方、前日に30匹以上ガリったようです。
「鮎がいないかも?」そんな常連さんの意見なので、すぐ止めました。

まだ11時でしたが、苦労して僅かな釣果を得るより、納竿した方が賢明だと判断した訳です。
こんな調子なので、明日の釣り(神通)は止めて、益田川に行こうかと…。

さて、ランチタイムには十分間に合いそうなんで、ゆっくり市街地へ向かいます。
腹ごしらえに『ひつまぶし』か?
PAP_0054_2015092513040749d.jpg PAP_0056_201509251304104ad.jpg
時間潰しに『ひまつぶし』か?

結局、汁物が欲しくて、近くのうどん屋さんで、そばとミニ天丼のセットを頼みました。
PAP_0055_20150925130406f52.jpg
川で冷えた体に暖かいそばが最高!
予想外に美味しかった!これで780円だったかな?

それからは『花の湯館』で更に温まりました。
風呂はほぼ貸切状態で、まったり、のびのびできました。
車に戻ると、やたら眠くなったんで、見晴らしの良い場所に移動して車内で昼寝…(-_-)zzz

メールの音で目が覚め、気付くと日は傾きかけ、雨がパラついた様子。
鮎原人さんと連絡を取って、駅前パーキングに車を停めて、某居酒屋へ!
PAP_0053_20150925130403243.jpg
生中でカンパ~イ!刺し盛りに、ブリかま、きのこの天ぷら、手羽など…。
一期一会ってヤツかな?料理もお酒も最高ですね。
色々話しまして、22時頃解散。

飲んだ事でパーキングにて車中泊…(-_-)zzz
知らない人が見たら、死体かと思った事でしょうね。
なので、朝は、4時半にアラームを掛けて、運動公園に移動。
しっかり雨が降っていました。明るくなったら更にザーザー降り!
これは益田川でも厳しそう!『魚を釣り上げる』ことではなく、『川に立つ』ことが、です。

どうせ帰路なんで、9時頃になって南下します。
PAP_0052_20150925130551993.jpg
こんなザーザー降り。場所に因っては、酷いドシャ降りもありました。
肌寒いし、こんな豪雨や増水を見てしまっては、もう鮎釣りも終わり?と思えますね。

道中、状況を聞いたりしていたmashitagawaさんと、せん田゛で昼食を一緒にしました。
PAP_0050_20150925130550e12.jpg
午後から益田川で納竿釣りを…と思ってましたが、徐々に増水してきたんで断念。
まぁ今年の鮎シーズンそのものです。私の場合は、こんなもんです。

神通川は、もう一部の釣り場しか釣れない感じ。今年、もう行くことは無いでしょう。
今年に限っては数は少なくとも、大物がいて、それはそれで楽しい釣り場でした。
やはり大川は解放感がありますね!

益田川はHRとして、長らく通いましたけど、そんなに良い思いはできなかったなぁ…。
今回(釣りしていないけど)で、今年の益田釣行は終了です。

最後に長良川にて納竿させて頂きます。


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

8/29(土)鮎釣り15(益田川10)&馬瀬川花火

毎年、恒例なんですが、今年も家族で馬瀬川花火を見に行きました。
当然、花火は夕方以降、暗くなってから。
なので、嫁さんらは下呂で観光(?)、私は益田川で鮎釣りをしようかな…って話です。

目覚ましをセットし忘れたとは言え、神通川の疲れが抜けきっていなかったのか、朝起きたのは6時半!
慌てて自宅を出たのは、7時半頃だったでしょうか…。
昨晩はかなりの雨が降ったようですが、釣りはギリギリって感じかな。
それから、美濃加茂のすき家で朝食を済ませて、オトリの益田屋さんに着いたのは9時半頃。
mashitagawaさんがオトリ販売をしていましたよ(笑)

その後、嫁さんとチビッコ君は、合掌村に降ろしてきました。
嫁さんも、下呂の街中ならば多少の土地勘があるので、私も下呂市街で竿を出すことにしました。
ポイントはせせらぎ病院前で、13時半にせん田゛へ集合って事です…。

川に下りたのは10時半頃だったかな?
PAP_0016 (2) PAP_0015 (2) PAP_0014 (2)
着替えている時も、何度か増水のサイレンが鳴っていて、川に下りて仕掛けを張っていたら、中電の車も来て「水位が上がるので川から上がるように…」って!マジで?今来たばっかですよ!

開始5分後?泳がせていたら、勝手に流芯を外れていて…。
戻そうと思ったら、なにか違和感?あれれ、掛かっていました。
PAP_0013 (2)
背掛かりだけど全然引かないし、簡単に抜けてきました。
良く見ると奇形の鮎でした…orz

中央の石は、3枚目の画像の右に写ってる石と同じです。
かなり水が太くなっています。
PAP_0011 (2)
ものの20分で一気に水位が上がって、最初に立っていたところではもうやれません。
通常なら移動して小坂にでも行くんでしょうが、今日は奇形でも1匹釣れたんで納竿としました。

着替える時間を入れても、1時間足らずの釣行…。
元気なオトリが虚しいですね~。でもこればっかはしょうがないですね。

嫁さんたちを直接、合掌村に迎えに行きますが、影絵?を見ているとか。
なので駐車場で仮眠…。
PAP_0010 (2)
11時半頃、合流して、せん田゛に行きました。
私はいつもの丼蒲豚です。
嫁さんは『飛騨牛まぶし丼』…「まるでステーキ丼」だって!こっちも美味しそうでした。

それから四美にある、しみずの湯でプール&温泉でリラックス。
プールは競泳用なんかじゃなくて、子供用というか水中歩行用でしたね。

15時頃、美輝の里辺りへ移動。
それから馬瀬川沿いに北上して、馬瀬中学校(駐車場)へ行きました。
PAP_0008 (2) PAP_0006 (2)
会場に行き、とりあえず場所取り。
ビール片手に、屋台で売ってるネギマやトウモロコシ、フライドポテトをほうばります。

18時頃、mashitagawaさんと合流。
一緒に花火を見る事にしたんですが、打ち上げ時刻は20時!
ようやく最初の数発が上がりました!
PAP_0005_2015090218435191a.jpg
おお!キレイ。今回の場所は特等席かな?
そう思ったのもつかの間。花火の煙で何にも見えなくなりました。

まるで、遠くで雷が鳴ってるみたい。ピカッと光って、少し遅れて『ドーン』だから。
上がるのは見えても、肝心な花が見えないんです。
こんなんアリ?
PAP_0004 (2)
周りからは、ため息と失笑が聞こえてきます。
そして約5分後、場内アナウンスが…「煙で見えにくい状況なので、一時中断します」って。
その英断(?)に周囲からは拍手が聞こえてきます!
しかし!不幸は続くものでして、ポツポツと雨が降ってきました。
早くしないと、今度は雨でヤバいんじゃない?そう思っていたら「再開します!」って。
『ピュ~・・・ドーン!』中断前と全然変わらず。全く見えない!思わず大声で笑っちゃいました!
徐々に雨も本降りに…。こんなに早くから場所取りまでして来て、コレかよ~凹
mashitagawaさんと相談して、今回はもう諦めて帰る事にしました。

これは最後のフィナーレです(駐車場の中学校にて)。
雨はザーザー、煙はイッパイ。打ち上げる側も、もう今さら引けないし、きっとヤケクソ?!
PAP_0002 (2) PAP_0001 (2)
上がる瞬間は見えますが、何が何だか分かりません。笑わせて頂きました。
まるで大金をドブに捨てる様な、そして見るには最悪でしたが、絶対忘れそうにない、ある意味貴重な花火になりましたよ!
運営側の方は本当にお気の毒でした…。

また来年も行きますからね!


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

8/26(水)~27(木)鮎釣り14(神通川1)

プチ遠征で神通川に行ってきましたよ!今年の初・神通です。
せっかく書いた記事が消えてしまって、その気になれず、しばらく放置していました。スミマセンw

今年、良い話が聞こえてこなかった神通川ですが、ようやくデカ鮎が掛かり出したって事で行ってみたくなりました。HRの益田川でも十分デカイんですが、あの滔々とした流れの大鮎を引き抜くのってどんなんだろう?と興味が湧いた訳です。

単独のつもりでしたが、唯一可能性があると思われた尺鮎さんにラブコール♪鮎がデカイから行ってみたいなって\(◎o◎)/!
お互いになんとか日にちを調整して26(水)~27(木)で行ってきました。
一緒なのですが、車中泊って事もあるので車は別々です。
AM5時半頃、高岡PAで仮眠中の尺鮎さんにようやく追いつき、合流後は並走としました。
PAP_0032_20150828220758b3e.jpg PAP_0030_20150828220803862.jpg
貴重な写真?高速高架下の神通川(下流左岸)。
私が一緒なんで、朝は『すき家』で朝食です。

どこに行こうか迷いましたが、竿を出して移動しながら付き場を探そう!となって、去年、良く釣れた有沢橋に行きました。
「こんな流れで大鮎を引き抜きたい!」そんな願望も込めて、竿はD社・銀影MT大鮎95。
PAP_0029_20150828220801ce9.jpg PAP_0028_201508282208001d0.jpg PAP_0027_20150828220759d82.jpg
しか~し!竿がメチャ重い!!竿の重量はカンケーなく、強風で耐えられん!竿に受けた風で、体の向きが変わるしw
全ての画像で、何となくシワシワとっした細かい波目は強風によるものですわ。
引いた、オバセた、追った、蹴られた…そんなの分かるっきゃネェっすよ。
結果、掛からん=反応ナシ!→相談→移動決定!

今度は、新婦橋の下流。ここも去年は良い思いができました。
でも全体的に浅いです!圧しが強い場所もありますが、どこでも行けますね。
PAP_0026_2015082822084049a.jpg PAP_0025_201508282208384d8.jpg PAP_0024_2015082822083625e.jpg
平瀬の流芯でガタガタとした反応!掛かってる!
グッとため込んで引き抜いた魚は…デカイ!!違和感を感じ、タモの中で見直すとグイウー! orz

今度はありえんくらい沖に泳ぐ!さすがにおかしいぞ?と竿を絞ると重たい。
PAP_0023_201508282208359e7.jpg
飛んで来たのは、切腹状態の小型鮎。
タモキャッチした直後なのに、既に顔面蒼白でしょ?ほどなく、舟の中で絶命しました。orz
ココではピンポイントですが、ポツポツ掛けている方もいました。
再び相談→移動決定!

今度は白泡の瀬と、深瀬がある新保橋(右岸)に行きます。
尺鮎さんは大沢野とか、もっと上流に行きたそうでしたが、またしても私の無理を聞いて頂きました。

ココは増水後でない限り、下流がメインの釣り場。
強風はそのまま。竿が扱い辛いんで、エアトルクⅡ4-90へ交換しました。
しかしここで尺鮎さんは「原人瀬」に行ってくると、上流に向かって歩いていきました。「どこそれ?(笑)」
私は川伝いに、蛇行する右岸の瀬を、釣り下って行きました。
PAP_0020_2015082822094091d.jpg PAP_0021_201508282209426e4.jpg 
画像では、このくらい下流の右岸。おお?メッチャ深くなってるじゃん!!
以前来た時よりも、水深が増した感じ。最深部は2~3mありそうですね。

ずっと釣り下ったけど、らしき反応はナイ(たぶん)。
ハッキリ言って、風が強過ぎて良く分からないってのが本音。

深場のポイントでオトリを空輸すると…!キタ~!でもロケット。あれは確かに鮎の引きだと思う!
別のオトリでリトライ。ガンガンと言う感じのアタリ(引き?)。竿を絞ると…重たい!そのままガンガン竿が叩かれます。
強風でどこに飛んでくるか分からない。
バタつきながらも、何とかキャッチ。ようやく…です。
PAP_0022_2015082822083431f.jpg PAP_0019_20150828220939801.jpg
次は2~3分で来ました!意外にイケルじゃん。

その直後、尺鮎さんが上流から歩いてくるのが見えました!
タイミングバッチリ!大きなジェスチャーで「ここに来て!」とアピール。

既に日は傾いた頃でしたが、それから1~2時間はお互い交互に釣れました。
釣りでは、この時が一番楽しかったなぁ~。
PAP_0018_2015082822093732e.jpg PAP_0017_20150828220936f33.jpg
しかし鮎は薄いようで(?)、一通り釣るとパッタリアタリが止まりました。

そして最後に来たのがコレ。
アユカケ(アレレガコ)です。
ズ~ンと重たいけど、急に引いて魚感はあって…何か?と思ったらコイツでした。
PAP_0016_20150828221025157.jpg
ビックリしたのは、オトリ鮎を飲み込んでいて、抜く体勢に入ったら、コイツの顔が見えた時。
「怪獣?カサゴにみえるけど?」と思っていたら、『ブホッ』と口からオトリ鮎が抜けてきたんです!
「ええ~?何!」一瞬、怯みましたけど、気を取り直してぶち抜き~。ドサッとキャッチ。
コイツは鮎みたいに海と川を行き来するって聞いていますが、まさに川カサゴって感じですね。

これで何となく完了って感じがしたんで、今日は納竿としました。
釣果は6匹でした。

それから車中泊する公園に移動。
昼間は苦痛でしかなかった、涼しい風が適度に吹いていて、居心地は最高です!
PAP_0015_201508282210247f5.jpg PAP_0014_2015082822102236e.jpg
ちょうど屋根もあるんで、場所を決めたら、早々に尺鮎さんが七輪に点火していました。

ボーズじゃなくて良かった~云々、雑談しながら、各種焼き物~
PAP_0013_201508282210215a2.jpg PAP_0012_20150828221019688.jpg
尺鮎さんと一緒なんで〆は、中華そばを用意。
疲れた体に程よい塩気、自分で言うのもなんですが、なかなか旨かったです!


さて、次の日も同じ場所を…と思うと、次から次に車が来るじゃありませんか!
昨日はドコに入っても、ほぼ貸切だったんですが、やはり良いポイントって事でしょうか?
我々の方が先に居たんですが、今日も誰も来ないと思っていて、核心ポイントより上流に居ました。
PAP_0010_20150828221103704.jpg PAP_0009_201508282211024b1.jpg PAP_0011_20150828221104e92.jpg
年配の方4人組で、ポイントを良く知っています。
ちょうど昨日やれなくて、今日入ろうと思った場所へ…orz
最初こそ、我々が昨日入ったポイントが釣れましたけど、数匹釣って頭打ち。
対して、下流のポイントは4人とも、少なくとも10匹以上釣ってたんじゃないかな。

当の私は5匹掛けて、上げたのが3匹のみ…凹
このままじゃあ、上にも下にも動けないんで移動を決意。

歩いて行こうと思ったら、距離があるし、渡渉できそうなところで竿を差していたり…。
尺鮎さんは電話を持っていないようなんで連絡できないけど、車で移動します。
PAP_0007_20150828221058ee8.jpg PAP_0008_20150828221100de1.jpg PAP_0002_201508282212081f8.jpg 
着きました。こんな場所。対岸(画像・中)中央が尺鮎さんです。
下流は泳がせ師がたくさんいて、朝方は良く掛かっていましたよ!

私が移動したタイミングで沈黙?
下流の方も次々に帰られるんですけど~凹
PAP_0006_201508282212137fc.jpg
更には、最初に入ろうとしていた場所(尺鮎さんの下流)の方は、いくつか掛けてるし…。

ザブザブと、こんな瀬を横切って…
PAP_0004_201508282212128fe.jpg

こんな落ち込みでもやったけど、思惑通りにはいかず…
PAP_0003_20150828221210a3f.jpg
キリ良く(?)正午で納竿。

前日6匹、本日3匹、合計9匹でした。
今年の神通川は、釣れる場所と釣れない場所が極端ですね。

お昼は反省会を兼ねて?、『司や』へ行きました。
PAP_0001_20150828221206c00.jpg
天丼と二色そばのセット。(チョット奮発の1410円)
天丼が美味しかったです!

釣果こそイマイチでしたが、一応、デカイ鮎の顔も拝めたし、尺鮎さんと一緒に楽しい釣り&車中泊ができたんで、自己採点は80点ってところかな…。
また行ってみたいです!

P.S.年券はやっぱり今年までです。
あと1回は行かなきゃイケマセンね。


更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

8/19(水)鮎釣り13(益田川9)

前回、お盆中、ボーズを食らった益田川です。
性懲りもなく、また来てしまいましたよ。
下呂市なんて近いもんです。何度でも来てやりますよ!

しかし今回は渇水&垢腐れだった川が、一時、最高1.5mも増水したんです。
前回に比べ、川や垢もリセットされたんじゃないか?と期待しての挑戦です。

いつものように焼石の川原。
まだ水位はかなり高くって、流芯は厳しい様子。
PAP_0244_20150822182903ab9.jpg PAP_0245_2015082218290663a.jpg
釣り人も少なくて、ゆっくり目の出撃でした。

最初は市街。せせらぎ病院前。
行った事がある方はお気付きでしょうが、この通り、ココもかなり増水しています。
不用意に歩くと、深みに引っ張られるようで怖い!
今日の状況を、mashitagawaさんと電話で話している時も、危うく水没しかけましたよ。
この時「小坂の本流の方が良いんじゃない?」というアドバイスを頂きましたが…。
PAP_0242_20150822182901619.jpg PAP_0243_20150822182902c40.jpg PAP_0241_201508221828592ee.jpg
オトリは元気だけど圧しが強いんで、最初っから5号オモリを装着!
開始後、僅か1分も立たずして…根掛かり。 orz
残2。チキンハートになった私は、残ったオトリには3号オモリを装着。

それから1時間近く頑張りましたけど、二次放流のような鮎を2匹掛けて、1匹はGET!1匹は水面バレ。
どうも、ポイントに届いていない気がする…。


このままじゃあ終了しそうなんで、水位が低い小坂地区へ移動しました。
小坂地区って序盤に良い先入観があり、今の時期に小坂かよ?とも思えます。
まずはやってみましょう。
岩崎橋の上流(左岸)に入りました。対岸に2名の釣り人が居ます。
PAP_0239_20150822182943b57.jpg PAP_0240_20150822182943ca6.jpg PAP_0238_201508221829418a5.jpg
トロ瀬が空いています。しかし全く反応が無い。
対岸の一人も、ず~っと上流に上がって行きました。

一つの瀬・一つの壺を探りがら、釣り上がってゆきます。
ポイントは対岸から届かない、また釣り難い竿抜けの場所です。
すると、鮎が居る場所では、すぐ掛かります!
PAP_0236_20150822182938a0d.jpg PAP_0237_20150822182940fc7.jpg
でも、そんな追い気のある鮎がいた場所、粘っても2匹目は掛かりませんでした。
ポツポツ追加しましたが、久し振り渓流相に苦戦。
竿を持て余すくらいポイントが狭く、天井の枝に引っ掛かったり…。
一通り釣り終えて、橋より下流に移動します。

この頃、ちょうど正午のサイレンが鳴っていました。
橋の下流はそんなにやったことが無くて、ダメ元でしたけど、キツイ瀬では好反応!
PAP_0234_20150822183027758.jpg PAP_0235_201508221830284f3.jpg
やはり1ポイント1匹ですが、少し経ってから、再びオトリを送るとまた掛かる!
午前中とは活性が全然違うように感じますよ。

時に『ガツン!』ときて、逆針ごと無くなったり…。
タメ過ぎてロケットになったり…バラシも多かったけど、全然気にならないくらい次々に掛かります。
PAP_0232_20150822183023320.jpg PAP_0233_20150822183026d20.jpg
竿を立てて一気に浮いた瞬間を、間髪入れずに抜く方がバラシは少ないです。
ただ速攻抜きは、その時の鮎の走りで、どこに飛んでくるか分からないんですよね。
舟が一杯になってきたんで、一旦、橋の下付近に沈めたオトリ缶まで戻ります。

良いオトリ2匹だけ持って、さっきより下流に下ります。
PAP_0231_20150822183024c21.jpg
この左の大石と右の石の間が良かったです。

掛けてもバラしても、次々に掛かってくれました。
PAP_0230_2015082218341711e.jpg PAP_0229_20150822183416845.jpg
ココだけで10匹くらい追加。時にはグイウーも♪
しかし…!本日、唯一となってしまった天井糸のトラブル(3本目)で強制終了!
天糸かよ!まさかの展開。まだ14時なのに!まだまだ釣れそうなのに!(T_T)

午後からは、一瞬だけですが怒涛の入れ掛かりを経験できました。
前回はボーズ。今回はプチ入れ掛かり。この差は一体…?
PAP_0228_20150822183415fbe.jpg
これは最後にバタバタと釣れた分です。
本日の釣果、帰宅後数えたら込みの25匹でした。

せっかく小坂にいるので、ちょっと足を延ばして道の駅『渚』まで行きました。
そこで、100円トマトを買ってから、mashitagawaさんにアドバイスのお礼と、状況をお話して帰路に就きました。

やはり引き水だと鮎の追いが違います。
分かっていても、私のスタイルや頻度では、こんな日にはなかなか当たりません。
まぁ前回と足して2で割れば平均ってところでしょうか?
残り少ない鮎シーズン、もう一踏ん張りしたいと思います!


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

出来れば投げたくない投げ釣り

益田川釣り情報
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示