12/23(火・祝日)筏釣り5(須賀利)

長らく釣りに行けず、ぬくもりの中で過ごしてきましたが、ようやく出撃してきました。
成功したらフィナーレを飾れるような、一か八かの大釣り計画で…?
(結局、大失敗ってオチなんですがねw)

場所は尾鷲市須賀利。筏釣りですが、正確にはカセ釣りです。
ココは以前は大物フィーバーに沸き、私が筏釣りに行くきっかけになった聖地です。
年無し(50cm超)のチヌが主体で、外道が真鯛。しかも天然物の70~80cmクラスが、普通に釣れていました。
サバやアジ、ハマチなどの青物、カワハギやアオリイカも、釣れるヤツは全部デカかったです。
そんな過去の栄光を想像しながら、釣行を決めました。

ただ、そんな夢のような場所に、なんでず~っと行ってないんだ?と思うでしょう。
それは経済的な理由。そもそもココのシステムは一艘12000円なんです。
定員は3人まで。つまり3人で行けば4000円だけど、単独だと12000円\(◎o◎)/!
まさに乗合船並みですよ。
単独釣行が多いと、どうしても敬遠しがちなんですよね。
普通、三重県辺りの筏釣りは、お一人3000~5000円前後が相場かな…。

同行者はN氏。二人での釣行です。
鮎のシーズン中はお互い別々の釣場に行きますが、シーズン外は一緒に行動することが多いんです。
なので意外と、一緒に苦労を共にしている感がある戦友ですね。

早速、カセをポイントまで曳航してもらいます。
船頭さんの親船(漁船?)が、各指定のポイントに架けるんです。
PAP_0882_2014122512523468e.jpg
正面には、尾鷲港の三田火力の三角塔、すぐ右に引本湾との境界の大石の赤灯台が見えます。

私はエサ(虫エサ)を付けて即投入。で、様子見。
でも、エサ取りすら反応ナシ…!!
PAP_0881_20141225125234239.jpg
その傍らで、早々とダンゴを作って、仕掛け作りに勤しむN氏。

正面の左のは佐波留島も見えます。
PAP_0880_20141225125232875.jpg
ココからではムーミンに見え辛いなぁ。

湾内方向はこんな感じ。
PAP_0879_20141225125231617.jpg
全体的に寒々しく見えるのは、入り江となっていて、小高い山に囲まれているから、なかなか日が射さないのです。

この養殖筏の並びの、一番(東)湾奥にいるんですけど、逆の西側にも乗れる筏(カセ)があるみたい。
肉眼でハッキリ人影が見えています。
PAP_0878_20141225125227128.jpg
そっち側の方が、沖になるから釣れているんじゃないか?
釣れないどころか、あまりに反応が無いんで、そんな気がしてなりません…。

焦ってもしょうがないんで、暖を取るためにコーヒーブレイク。
PAP_0877_20141225125310f5b.jpg PAP_0875_2014122512530582d.jpg
至福のひと時でした♪
一方N氏は、いきなりカップラーメンを食べていました。

このスピニングタックル、カワハギの胴突き仕掛けをセットしてあって、目立つように虫エサの一匹掛け。
一回だけ目が覚めるような大アタリがありましたけど、エサだけ取られて針掛かりせず…凹
PAP_0876_20141225125306f27.jpg
鯛じゃなかったんだろうか?

対岸に日が射してきました。
PAP_0874_20141225125302a11.jpg PAP_0873_20141225125302fdc.jpg
コチラはまだ冬模様ですが。

ようやく日が差して来たんで『カンパ~イ!』
しかし、もう10時近いんですけど、魚の気配が無いまま。
PAP_0872_201412251253410bc.jpg
マジでヤバイ。『釣り』そのものが成立していなくて、一体どういう事?
N氏共々お互いに、だんだんヤル気が無くなってきて、ウトウト…。
沿岸でずっと停泊している漁船は、曳航してくれた親船で、携帯で呼べばすぐ来てくれます。

ああ!沖の筏の人も帰った様子。
PAP_0871_20141225125338eb5.jpg
釣れてると思っていたのに、アチラもダメだったのか?
いよいよもって、コチラもダメっぽい感じが濃厚です。

万策尽きた?万事休す?お昼なので、諦めモードで『どん兵衛』を頂きます。
PAP_0870_20141225125338d27.jpg
そんな中、N氏も「諦めて帰ろうか?」って…。
ハイ!お片付け開始~。
13時頃諦めて、帰港としました!

二人して丸ボーズ確定!!
トホホ…こんな遠くまで、何しに来たのか?
そうそう。未来のお魚たちのため、エサを撒きに来たんだよ。
これまた、諦めと開き直りが早い二人でしたとさっw

港に戻ると、直径2m近い大きなフラシに、真鯛が入っていました。
PAP_0869_20141225125336402.jpg
ん~目の毒ですね!辛い!

港にはキレイなトイレも完備!
PAP_0867_2014122512533333d.jpg
以前より釣り人には快適な環境となっていました。

16時には帰宅!
PAP_0865_20141225125418023.jpg
ベランダにはオキアミを融かすために使ったフラシ…(笑)

夜はN氏と残念会!
稲沢市の『にかく』で酒盛り。
それからスナックに…。
PAP_0866_20141225125418661.jpg
夜中まで飲んで、少々風邪気味になってしまいました。


珍しく連休だったんで、翌日はチビッコ君と一緒。
前夜のにかくで、「お昼のランチがお値打ちですよ!」と言われていたんで、早速…w
PAP_0864_201412251254158f7.jpg
安っ!ナント750円でした。

私は左側、とりから定食(1000円)。
PAP_0863_20141225125414efd.jpg PAP_0862_20141225125412978.jpg
チビッコ君は右側、和定食(750円)を頂きました。


P.S.
今回は中途半端に釣れる訳じゃなく、『丸ボーズ』というハッキリとしたダメ結果。
これで年内は、心置き無くスッキリ納竿です。
しばらく行こう!って気になりませんから…(笑)
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

11/2(月・祝日)筏釣り4(方座浦3)

最近、連荘気味ではありますが、また筏釣りです。
今回は予てからの約束で、チビッコ君と一緒に行ってきました。

去年、良く釣れた渡船屋(尚栄丸)さんに予約の電話をすると、3月で廃業されたとの事\(◎o◎)/!
なので、渡船屋までが連荘なのですが、方座浦に行くこととしました。
しかし、今回はヘダイが少ない沖の筏にしました。
密かに、良型真鯛やアジの釣果を期待して…w

雨の中、釣具などの荷物を載せ、毛布と共にチビッコ君も乗せ(-_-)zzz、自宅を2時半頃に出ました。
道草せずに行ったせいか、目的地には早々5時に到着。
起してもボーッとするチビッコ君を急かして、準備(着替え)をさせます。

正直言って、渡船中は航行する風でメッチャ寒かったです。
そんな中、東の水平線が明るんできました。
PAP_0782_20141104122528c0c.jpg PAP_0781_20141104122528aad.jpg
筏上で、チビッコ君のタックルをセットしていたら、ご来光が…。
雨はすっかり止んでいます。

マイペースで釣りをするチビッコ君。
この筏は沖筏なので、ヘダイよりもカワハギが多いようです。
なので、最初はカワハギの仕掛けで臨みましたが、彼の経験値は初心者以下?なので全然アワセきれない。
PAP_0780_20141104122527a68.jpg
ヘダイが掛かっても、小針だからか口切れバレ?が多いし。
仕方が無いので、ヘダイを標準に仕掛けも変えます。

実際、魚影も薄く、なかなかアタリがでません。マジでヤバイ…。
急ピッチで濃厚ダンゴを作って数個投入!
多少、ヘダイの活性が上がったかな…?
小1時間はレクチャーしていましたが、イトヨリなどの外道交じりにチラホラ。激渋~。

痺れを切らし?私も釣りを開始します。
開始、1時間くらいでワッペンサイズのチャリ小(笑)。これは即リリ。
次は、穂先ズボッ!でしたが、ヘダイよりちと大きいくらいのチャリコ
PAP_0779_201411041225245c2.jpg PAP_0778_201411041226003be.jpg
アオハタ交じりで、再びチャリコを追加。
どうも、今日は中層まで魚が浮いて来ずに、底層狙いとなって、時々ヘダイも混じります。
…とは言うものの、海は澄んでいて、全体的に低活性って雰囲気です。

画像(左)は釣り座の正面(東向き)。
PAP_0776_20141104122556a06.jpg PAP_0777_201411041225576ed.jpg
画像(右)は釣り座から右側を見たピンぼけ写真…。

ふと思い出して、ぷしゅ~『カンパ~イ!』
筏上では意外とやることが多く、忙しさで忘れていました。
PAP_0773_20141104122658b39.jpg PAP_0775_20141104122555bc0.jpg
頑張っていたチビッコ君、ついに昇天…。
餌を上手く付けられなくて、餌ばかり取られて苦戦していました。
ゴカイ類は、「すべる~!」とか「針を押し返された~!」とか。
かといって沖アミ類はエサ持ちが悪く、せっかくのアタリ時にヨソ向いてたり。

今日も快晴ではありますが、突風が吹くと風は冷たく感じます。
こういう時は、暖かい物を食べたくなりますよね?
練炭ストーブのやかんもピーピー呼んでいたんで…。
ジャジャ~ン!!
竿を持たずに来ても(?)、楽しめるような装備!
う~ん。何を食べようか迷ってしまいますね。
PAP_0774_20141104122554bc8.jpg PAP_0772_20141104122656aa8.jpg
チビッコ君は「まだ寝たい。」とのこと。
なので私は先に『味噌煮込み』を頂きました!生卵は別途持参品です。

釣りを再開しましたが、ヘダイの活性だけが上がって、真鯛などは沈黙…。
今日はお昼まででしたし、私は早々と納竿。
残り時間は、チビッコ君にヘダイ釣りを楽しんでもらいました。

スカリの中にタモを突っ込んで、大きめのチャリコ2匹と、ヘダイ5匹だけを選別キープとします。
あとはアオハタにイトヨリ。
お迎えの船が、予定より早く来て、片付けにドタバタでしたが、無事帰港となりました。
PAP_0770_2014110412265285c.jpg
最初はどうなることかと心配したくらいでしたが、活性が低い割に釣れてくれました。
が、正直言って、チビッコ君には厳しい条件だったかも…?
当初、私より釣らせて、花を持たせるつもりでしたが、思いの外、よう釣らないんでついつい私が…。
彼なりに一生懸命頑張ったんでしょうが、ちょっと気の毒でしたね。

「おっと~!」思い出して『パシャリ!』
PAP_0769_20141104122651251.jpg
車載直前のクーラーボックスです。
いっつも忘れちゃうんだよね。

巷では『干し物』が流行っているようでしたんで、私も一品…。
今回も釣れた『イトヨリ』。それのみりん干しです。
PAP_0768_20141104122804f4d.jpg
コイツは意外と肉厚の魚で、食べた感アリ、またとても美味しかったんでオススメです。
アマダイそのもの?って味と食感でした!

でも、狙って釣れる魚じゃあないんだよな~凹

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

10/29(水)筏釣り3(方座浦2)

また筏釣りに行ってきました!

先週と同じ方座浦で、同じ渡船屋さんです。
しかし、今回は単独釣行じゃなくて、かやのたもさんと一緒です。

実は去年も、方座浦の筏に一緒に行ったんですよね~。
そん時はそこそこ釣れたけど、今回はどうでしょう?
私がタモさん宅へお迎えに行く予定でしたが、携帯・某竿を忘れて半往復!
荷物を積み替え、タモさん宅を出発したのは、1時半過ぎでした。

長良川右岸を河口に走って、桑名東IC~大内山ICまで。
去年は一宮東から乗ったので、なかなか切り詰めているでしょ?
PAP_0767_20141029222710cee.jpg
最近は紀勢道の開通によって、多少空いてきた感がある『えさきち(大内山IC店)』です。
それでも、かなり賑わっていましたね~。

到着は5時前くらいでした。
渡船時間は5時半以降なので車内で仮眠。
船頭さんが5時半頃に来たので、慌てて準備して渡してもらいました。

まだ薄暗いですけど、清々しい朝です!
PAP_0764_201410292227096cb.jpg PAP_0761_20141029222707f84.jpg
キター!日の出です。またまた大漁祈願!
その脇で、南無阿弥陀仏…とか言ってた罰当たりなおかタモいましたね。

まず、タモさんのタックルをセットします。
竿は私が使う事のないエギングロッド。取りに戻った某竿です。
実は去年から、ずっと渡しそびれていたんですよね。
リールはタモさんのスピニングリール。
「おぉ?意外に(失礼)イイやつ持ってんじゃん!」
『アオリ』って書いてあるけど。ヤエン用?ドラグがダイヤル式で、最後部に付いているヤツ。
そのとっておきのリール、ドラグが固着して全く動かない…。
え?飾りのドラグ?大丈夫なのか~い。

自分のタックルを準備してると、タモさんの竿にアタリ!
この、そこそこの引きはヘダイかな~?やっぱりヘダイでした!
第一投で幸先がイイ!安心しました。隣りで「ウフッ!」って聞こえたような…?

タモさんが次から次へと釣るもんで、私の準備どころか、釣り座の整理もままならないくらい。
まだダンゴ餌も作らなきゃいけないし…。

ヘダイを中心に、いろんな魚を釣っては「これで〇目釣りだ~」って喜ぶタモさん。
同じ釣り魚でも、私が釣るより、よっぽど貴重な一匹なんでしょう。
外道でも、コチラまで嬉しくなります。
普段は釣りながら準備をしますが、今回は準備を終えるまでタモさんのアドバイザーも。
小1時間ほどすると、アタリやアワセ、スカリに入れるまでの動作も、なかなか板に付いてきた様子。
それを横目で眺めながら、ぷしゅ~『カンパ~イ!』
PAP_0760_20141029222707578.jpg PAP_0759_20141029222705676.jpg
しばらくしたら、コーヒーブレイクも…。
タモさんが入れ掛かりの中、ようやくですが、私も釣り始めます…。
しっかりダンゴを放った結果、底にはヘダイが群れていて、底を狙うと当然のようにヘ・ダ・イ♪
この調子だと、タモさんがたくさんのヘダイを釣ってしまうのは目に見えています。
なので私は、なるべくヘダイを避けながら、なるべく真鯛(他魚?)狙い
じゃないと、最後は大変なことになってしまいそう。まさに嬉しい悲鳴です。

当方、1時間ほど反応が無かったけど、ようやく穂先がズボッと突っ込むアタリが…!
チャリコ!ですが、相変わらず気持ちの良いアタリです。
私的にも、ヘダイ以外の魚が寄って(釣れて)気分も良いです。
またまたズボッ!でもチャリコ…。

表層には、トウゴロウイワシ。
PAP_0758_201410292228372bc.jpg
ダンゴを打つと遠巻きにですが、ザ~と寄って来ます。

ジアイか?と思っていた時、またまた穂先がズボーッ!って。
なかなかの引きで上がってきたのは、40cmチョイのキレイな真鯛でした!
それからまたチャリコを追加しましたが、しばらくするとアタリは遠退いてしまいました。
PAP_0756_20141029222834bbf.jpg
魚が暴れ手も濡れて、なかなか画像が残せないんで、スカリの中を『パチリ』

コレはタモさんから頂いたビール(発泡酒?)です。
名前のように、濃い味は感じませんでしたが、ヘルシーなスペックで飲み易いです。
PAP_0757_20141029222835bc7.jpg
あ、これ。コレね。タモさんのタックルです。

今度はドライブラック。後味がスッキリとした黒ビール。
朝イチはメッチャ寒かったですが、日が昇ると、すぐに暖かさを感じました。
今は暑くて、上着を脱いでいて、やたらビールが旨い…!
そのかわり日本酒がクーラーへ…。
PAP_0755_20141029222833777.jpg PAP_0753_20141029222832ce8.jpg
でも日が昇ると、前日の午後のような、突風が時折吹いたりして、少々心配でした。
なぜかと言うと、タモさんが船酔いに弱いとの事で、筏酔い(!)の危険を感じたから。
でも、そんな突風の気配もどこへやら?ってくらい快晴!

アタリが遠退き、14時までって決めていましたから、余したダンゴをドンドン撒きます。
オキアミを多めに撒くと、25~30mラインで反応…?
タモさんに、それを告げてだいたいそのラインで待ってもらいます。

ゴンゴンとアタって、グーンと引いています。
掛かった?横に引く?青物みたいだけど、どうも引きが弱いね…。
上がってきたのはサバでした。しかも30cm未満という中途半端なビミョーなサイズ。
もっと大きければ、美味しい貴重なお魚なんだけど。
すぐに、私が釣りをしていた領域(水深)は、サバだらけに…(ーー;)
ベタ底~底上3mまではヘダイ。底上3m~10mまではサバ。もう万事休す?

でもタモさんは、めげずに釣りまくっています。
PAP_0752_20141029223109ec1.jpg
3本針に3匹!トリプルヘダイ!!!
もうWは当たり前?
うんざりしながらも「感謝!」と言ってました。が、「ウフッ!は無しだよ!」とも。
使い分けがあるようです。

お昼は『どん兵衛』のつもりでしたが、ビールとオツマミでお腹が膨れちゃって…。
PAP_0751_201410292231091f1.jpg
お味噌汁だけ作って飲みました。

結局、午後からも最後まで展開は変わらず…。
ヘダイとサバに悩まされての納竿となりました。

釣果はチャリコ数匹、真鯛1匹、ヘダイとサバ共に5~6匹くらいかな?
お魚はタモさんへ…♪
PAP_0750_2014102922310793d.jpg
今日は気持ちの良い天候に恵まれて、それだけでも良かったです。
そして、タモさんもたくさん釣れて、「感謝!」と少しだけど「ウフッ!」が聞けたんで、尚、良かったですね!

帰路に安濃SAで運転を変わってもらいまして、多少の渋滞はありましたが、比較的スムーズに走れました。
18時前にはタモさん宅に無事到着!
お疲れのところ、運転ありがとうございました。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

10/22(水)筏釣り2(方座浦1)

前回、深い水深にやっつけられたんで、また筏釣りにリベンジしてきました。
筏釣りと言っても、今回は他の場所、他の渡船屋さんです。

HGとまでは言えませんが毎年1~2回ほど行く、方座浦の筏です。
親切・気さくな船頭さんで、本職では真鯛養殖を営んでいます。
その生け簀の足場に、コンパネを敷いて釣り座とした、筏(小割)釣りとなります。

年々の気候変動、豪雨など、海の水温が不安定で、一帯ではアオリイカがイマイチの様子。
これは方座浦に近い尾鷲、また遠い敦賀でも、例年と比べ不調のようです。
アジも中アジ(15~30cm)は釣れても、40cm級の大アジはほとんど回らなかったとか…。
鮎同様、海にも色んな問題があって、年魚じゃない分、海の方がより深刻な問題のような気がしますね。
単に水温だけのせいだと良いんですが…。

朝2時半に自宅を出て、コンビニ・釣具店を経て、現地には5時半に到着。
残念なのは、霧雨~ザーザーまで強弱はあっても、ず~っとが降っています…凹
雨が降ることは分かっていたけど、予想以上の降り。
少々、気分はブルー。

出船は6時前頃だったかな?
ハッキリ言って、メッチャ寒いんで、不安もいっぱい…。
PAP_0749_20141022231902677.jpg
方座浦の漁港より出て、沖を見て右側、寺倉湾の中央寄りです。
広い湾内には誰もいません。

取り合えずベイト(筏竿)&スピニング(エギ・五目)、各1セットづつ準備。
まずはエサ取りチェック。エサを付け、第一投(投げずに落とすだけ)!
PAP_0748_20141022231900a90.jpg
ラインが出ていく、その間に、ぷしゅ~『カンパ~イ!』
・・・着底!リールのカウンターは、水深35mを示しています。
ココも相応に深いけど、前回の場所と比べ-10mは大きいです!

着底数秒後アタリ!穂先が揺れました。
軽くアワセると乗った!強くはないが、そこそこの手応え。
PAP_0745_201410222318591db.jpg
カワハギ?引きが安定してるから、ちょっと違うか?
キラッ!ん?『ヘダイ』じゃん!例年より小さく感じるし~。

案の定、底に落とせば入れ掛かり。
嬉しいけど、全然嬉しくない!
撒き餌をする前から、こんなんじゃあ、ヘダイが湧いて大変なことになるかも…。
控えめの撒き餌と、底を3m切って展開することにします。

今日、ここに来る道中は雨で、予報も降水確率70%でした。
でもどうして、ずっと曇りだし、寒いより暖かい?それに日も射してきていませんか?
PAP_0743_20141022231858c3a.jpg
行く前の机上の計算も大事ですが、時には行動ありきですね~!
海では晴れ男なのか?

底上3mなら、ヘダイは食って来ないようなので、今度は25mでダンゴを割り、そこから7m落とし込む作戦に切り替えます。
それが功を奏したのか、チャリコが連発!
PAP_0742_20141022231856dfd.jpg PAP_0740_20141022232032265.jpg
デカくても30㎝くらいですけど。
型は小さくても、ズボッと穂先を海中に突き刺すアタリは、毎度のことながらドキッとします。
アワセた瞬間おおよその型は分かるんで、安心感とガッカリ感が入り混じった気持ちになります。

ココでは通常、東向きに釣りをしています。
PAP_0737_201410222320293ba.jpg PAP_0738_20141022232029834.jpg PAP_0739_201410222320309dd.jpg PAP_0736_2014102223202724c.jpg
画像は順に、南側・東側・北側・西側となります。
ちなみに、この養殖生け簀には、50cm級の大きな真鯛がいました。

しばらくアタリが遠のき、打ち返しペースも落ちてきます。
缶ビール2本+ストロングゼロでイイ気分。
半径、数百メートル以内には誰もいないし、自然と鼻歌も出てきます。
同時に男らしく、仁王立ちで大海原に放水中、モゾモゾ…ドン!のアタリ。
「おおっと、手が離せませんけどぉ!」
PAP_0735_201410222321188d5.jpg PAP_0734_201410222321162bf.jpg
アワセなくても…イヤ、アワセなかったから、しっかり乗りました。
またまたチャリコ。25cmくらいのカワイイサイズ。
でも、完全に針を飲まれました。ハリスを切ります。
筏釣りの場合、針は縁起担ぎに(?)12巻きしています。

真鯛の棚ではアタリは出なくなりました。
でも、底まで落とすとヘダイに秒殺!
お土産用に適当にヘダイを追加して、ポイントを休ませる意味もあって、小1時間ほど昼寝。
起きたのは正午頃。今日は14時までとしていますから、鯛以外の魚を狙います。

カワハギ仕掛けに変えると…?
やはり居ましたね。だけど少ない感じ。そして、ヘダイの群れの外側にいるようです。
PAP_0733_20141022232114212.jpg PAP_0732_20141022232113f94.jpg
ん~数も型もイマイチ。ヘダイが多過ぎるのかな?
小さいヤツを少しだけ釣って納竿!
予定通り、14時にお迎えが来て帰港としました。

お土産はたくさん釣れましたが、これだ!って大物は気配すらありませんでしたね。
天候はなんとか持ってくれました。雨は時々パラパラときましたが、昼間は蒸し暑いくらいでした。
こんな状況で、まぁ、適当に遊べてヨシとすべきですかね!
PAP_0731_20141022232112934.jpg
釣果はヘダイ25匹(20cm前後)、チャリコ6匹(25~30cm)、カワハギ4匹、イトヨリ2匹

時間が早かったので、高速代をケチって、津ICで降りてR23を北上しました。
結論は「やるんじゃなかった…」かな?
帰宅したのは6時過ぎ。
大した渋滞はありませんでしたが、45分は余分に時間が掛かっています。

最後にヘダイ10匹を居酒屋『隼大』に寄贈。
残りの魚の処理は、帰宅後すぐにやれたので、意外と早く終わりました。
時間とかを考えると、この時間に帰宅して、このくらいの匹数が楽で良いかな…。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

10/15(水)筏釣り1(三木浦1)

10/15。台風が去った直後、海況に不安を感じつつも、一か八かで筏釣りに強行してきました!

実はこの日、mashitagawaさん・清流君らと、引本のボート釣りの予定だったんです。
全て台風のせいで中止となって…凹
博打的な釣行に、私以上に遠いメンバーを巻き込む訳にはいきません。
なので、誰にも迷惑を掛けない単独釣行です。

しかも、尾鷲市三木浦町まで…!
ココ↓ 城渡船さんです。
三木浦1 三木浦2 三木浦3
三木浦町が遠いって事を、どこかに例えようとしても、みなさんの住んでいる地域によって違いますよね。
ん~、自宅から例えたら、三木浦にあと+25kmで『神通川』ってくらい。
距離にして神通川は220km、対して三木浦は195kmです。
時速100km/hなら、わずか15分の差!どう?同じくらい遠くに感じましたか?


自宅を2時に出て、東名阪→伊勢道→紀勢道の高速で『尾鷲北』まで…。
ちなみに紀伊長島IC以南は『高速道路会社によらない国と地方自治体の負担による新たな直轄事業である新直轄方式で計画されているため、通行料金は無料である』とあります。
今のご時世、非常にスバラシイ、貴重なシステム!
他の地区も、是非、見習って欲しい試みです。

5時半頃、船頭さんが来て点呼(?)の後、それぞれのカセへ渡してもらいました。
かなりのウネリは覚悟していたんですが、意外にも海は凪いでいます。
PAP_0723_2014101615143758c.jpg
しかし携帯電話を忘れ、船頭さんに無理を言って、もう一往復して頂きましたm(_ _)m

他の釣り人と少し話をしたんですが、みなさん荷物、特にダンゴエサが少ない、イヤ持っていない(?)。
ダンゴとかは?と聞けば「ようそんな高いたくさんのエサを用意してくるよな~。あはは」って。「なぬ?」
PAP_0722.jpg
どうやら『カゴ釣り』スタイルだとか…(ーー;)
ココは水深43~45mの超深場で、カゴ釣りの方が効率が良いのでしょう。
しかし、何でもアリの筏ですな~。

みんなに遅れて、ようやく準備完了!
PAP_0721_20141016151434ade.jpg PAP_0720_2014101615143398c.jpg
『筏釣り』と言っても、この釣り座は『カセ』と呼ばれる釣り座です。
このチラリと写る、5mくらいの和船が、今回のカセです。
ロープで固定されてて、エンジンやオールは無く、当然ながら移動はできません。
狭い小舟?でも、大の字で寝れるくらいのスペースは十分あります!
筏釣りには、普通に筏もありますが、他に『小割り』と呼ばれる養殖イケスの外海ってのも…。

偶然のカワハギ、チャリコ、クロサギ…ポツポツ釣れますが、外道ばっか!
置き竿にはこんなヤツまで!でもエイ2匹目なんですけど…。
PAP_0719_20141016151431ccb.jpg PAP_0717_201410161515118f6.jpg
釣れないから、①撒き餌用に筏竿をメインに②置き竿もと、竿2本出して…。
で、どっちの竿に掛かっても、水深は約45mでしょ?魚が走ると、ほぼオマツリする訳です。
竿1本だけだと効率が悪く掛からない、で2本にするとオマツリ…凹
つまりは、どっちも効率が悪いって事だったんですね~。

竿1本にして休憩。ぷしゅ~『カンパ~イ!』
PAP_0716_20141016151510b42.jpg
養殖マダイを釣った後は、イイ気分で30分ほど仮眠。

正面の方とは会話ができる距離。
聞けば常連さんで、着いて早々に、60cm級と80cm弱の大きな真鯛を釣ったそうです!
確かに朝イチの方が雰囲気があったような…。
今は10時頃ですが、エサ取りすらアタらず、どうもこのまま頑張ってもダメな気がする。

とりあえず、持って帰れないエサ(オキアミなど)を派手に景気良く撒いてやりました。
PAP_0715_20141016151508544.jpg
すると反応が…!掛かった!浮く?青物か?メチャンコ引くので楽しい!
掛かってきたのはソウダカツオ
まるで機械みたい、例えるならモーターボート?
簡単に掛かっても、上手にいなさないと、カセの背後で激しいジャンプをされる事となります。
でも、血(身)に微毒があるため、基本的に生食はしません。
茹でてほぐして、マヨネーズであえてシーチキンマイルド?シーグルメ?
数匹キープとしました。

最初は35mくらいだったのが、偏光グラスで目視できる5mでも釣れるようになって…。
そうなるとただの見釣り、同じ魚ばかりがいくらでも釣れるが面白くない!万策尽きました。

13時に船頭さんにお迎えコール。
13時半には納竿し、14時には帰港しました。
PAP_0714_2014101615150781e.jpg PAP_0713_20141016151505026.jpg
おっと、画像を忘れていました。クーラーの中のマダイとソウダカツオ。
お土産は手にしたけど、厳しい内容で惨敗でした。

さらにお土産を手にすべく、賀田まで足を延ばして『甘醤油』を買ってきました。

台風の直後でも、普通に筏釣りができた事には感謝、満足していますが、正直言って失敗でしたね。
ココじゃダンゴは、ほぼ不要!筏釣りじゃなく、マダイ釣りなら竿やリールも船用でも良いかと…。
0点か100点か?そんな極端な結果になると思いきや、25点くらい(?)の煮え切らない結果。

今回は台風の影響が少ないかと思って、深場のポイントを選びましたが。
ダンゴで臨める釣り場に行きたい!次回に期待です。


帰路の奥伊勢SAにて…。
PAP_0712_201410162245136b2.jpg
気持ち良い風がそよいでいて、改めて見る景色も爽快でしたw

P.S.どうでもイイ事ですが、今回、鈴鹿~四日市で渋滞に引っ掛かりませんでしたよ!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

益田川釣り情報
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示