12/23(月・祝日)ボート五目釣り(引本)

今年もあっという間に、年の瀬となってしまいましたね。
そろそろ私も納竿かな?と、12/23に最終釣行を考えていました。

毎年考える事なんですけど…。
ハッキリ言ってこの時期の釣りは『厳しい!』『釣れない!』
天候も内容も結果も、正にその二言に尽きます。
なので、釣行の対象魚・行き先には迷うんです…。

安全にローリスクローリターンの、まったりと線香花火のような釣行か?
釣り人はギャンブラー!って、ハイリスクハイリターンな打ち上げ花火釣行なのか?

気持ち的には、常に後者の方でありたい!
打ち上げの大輪が咲いても咲かなくても、フィナーレを飾るに相応しいではありませんか!
でも単独じゃあ、何かと負担も大きい訳でして(´・ω・`)ショボーン

そんな頃、下呂チーム(mashitagawaさん・清流君)よりTELが…!!
「休みなんで、3人で釣りに行きませんか?」
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
「マジっすか?行こう!行こう!」

釣りは、引本のフィッシングオザキさんでの船外機ボートに決定。
対象魚?ん~五目釣りかな?
PAP_0025.jpg PAP_0024_20131224011343e80.jpg
受付は6時頃。出船は7時前でした。
期待感MAXで出航!
あ、ちなみに今回の船は『黒船』です。
この船、エコノミークラス(?)で貧乏人にはありがたい存在なんです。
平船と言うんですか?全体がフラットで意外と広いんです。
でもお値打ちな分、弱点もあって…。
それは、平船の薄さ?と言うのか、喫水が深いと言うのか。
水面から船縁までが短くて、ちょっと波風が強いと船内に海水が飛び込むんです。
つまりは、船長が海水の飛沫の洗礼を受ける?そんな笑っちゃう構造なんです!

今日は天気が良いそうですが、厚い雲があって日の出は拝めず…。
PAP_0019_20131224011340332.jpg PAP_0020_201312240113418bb.jpg
反対の西側、尾鷲港を見たら、おお!三田火力が稼働してる!祭日も関係ないのか?

まず朝イチはエギング。
ポイントは、ボート屋さんで最近のオススメと言われたところ。
佐波留島(ムーミン島)の南側、20~40mライン。
画像・左の岩盤の沖側です。
画像・右、真ん中の半島の左が引本、右側が須賀利となります。
PAP_0018_20131224011339a5c.jpg PAP_0017_20131224011425929.jpg
今の時期は岬の先端?っぽいところの方が、イカがエギを見つけてくれやすいんだとか。
しばらくやりましたが反応ナシ。おまけに私はエギロスト×2…凹
風がモロで船足が早くてやり辛いし、何かイヤな予感。
「粘らず移動しない?」前回の甲イカポイントへ…。

あまりに寒いんで『鬼ころし』で温まろうとすれど、超~冷酒状態!
PAP_0015_20131224011424f04.jpg
風がこのワンド内で渦巻いていて、僅かな移動で船の流れる方向が変わります。
またしてもイヤな予感が…。相当ヤバイ。
しかし徐々に風は治まってきて、普通に釣りができる気候となり、それだけでもありがたい!
個人的には、今の状態で充分シアワセなんですけど。

しかし、釣果を求めて移動!
この大海原を見てると小さな悩みなんて…と思い掛けて、年を取ったなぁと思う今日この頃。
PAP_0014_2013122401142259e.jpg
一番最初のポイントの近くで、mashitagawaさんが気になったポイントへ移動します。

先端に磯釣り師がいたんで、中腹部にポイントを決めると…おや?
じぇじぇじぇ!ありゃ、あまちゃんじゃないッスか?
PAP_0013_20131224011421ad0.jpg
分かり辛いでしょうが、中央両横にポツッと丸い黄色のビン玉が。
最初はスキューバダイビングの講習でもやってるかと思いましたが、個々で動いてるようだし。

こんな時期に?と思いましたが、需要期が今でしょ状態ですね。
ここ最近、食品偽装?認識不足?のドタバタがありました。
で、高級ホテル、老舗料亭などは、オーストラリアのイセエビを国産イセエビに変え、品不足で高騰してるとか。
もちろん、おせち用のアワビなんかも捕ってるんでしょうかね?

ここではカワハギが釣れましたが、清流君と私に1匹づつ。ショボ
このままで良いのだろうか?ヤバイ、ヤバ過ぎるぞ。

火力発電の煙突からの白煙が、黒煙に変わった…?
また火力(温排水)が止まるのか?
「このままじゃあ、火力前も釣れなくなるから、今の内に移動しない?」
時間的には正午頃かな。温排水を期待してgo!

案の定、着いたら丁度停止した感じ。
まだイケルでしょ!と投げたら、イキナリ一荷(2匹)釣り!
これは相当活性が高そうです!
PAP_0009_2013122401145243a.jpg PAP_0011_201312240114191ba.jpg
そう思ったのは束の間。ボートが流されると沈黙…。
温排水の影響を受ける、パイプラインや矢ノ川河口の近くだけみたい。

外道も高活性!
フグ、トラギス、ベラ…。エギやメタルジグには無反応。
PAP_0008_20131224011451228.jpg
高級魚のマハタも!当然リリース(笑)
今度は5年後に遭いたいね!

いや~。暖かくってイイ気分です。
mashitagawaさんは、この陽気でウトウト…分かる気がします。
PAP_0007_20131224011450186.jpg PAP_0006_201312240114499f1.jpg
でも小1時間で、バタバタと20匹位釣れました♪
本格的にキス狙いだったら、まだまだ全然イケそうですね~。

やっぱり、カワハギが釣りたいって清流君。じゃあ移動しましょう!
PAP_0005_20131224011448a40.jpg PAP_0004_20131224011519c37.jpg
まずは近場(大曽根浦~行野浦)の岩礁帯へ。でも風が強くてボートが落ち着かない。
釣れてくるのは、外道ばかり!
で、さっきのあまちゃんポイントへ向かいます。

清流君が頑張って、また1匹追加!
PAP_0003_20131224011517581.jpg
私はグーフー。重量感たっぷりのキタマクラ。

最後に『投げ石(磯の名前)』でアンカリングして頑張ります。
ココでも清流君がカワハギGET!

mashitagawaさんはルアー釣り、清流君はエサのカワハギ釣り、私はエサのキス釣り。
まぁ各々それぞれ、魚や釣りに好き嫌い?得手不得手?もある訳で…(*´σー`)エヘヘ

しかし、イカ釣りやカワハギ釣りって、こんなに難しかったっけな。
見事に撃沈しました_| ̄|○ il||li
PAP_0001_20131224011515ac2.jpg PAP_0002_201312240115161c5.jpg
でも、気の合う釣り仲間と、ボートに揺られながらの釣り&雑談。
それだけでも、十分満足して、気持ち良く納竿としました!

帰路は清流君が運転してくれました(´▽`)アリガト!
私は隣でウトウトしてたっけ?ゴメンネ


キスの釣果。
PAP_0000_201312240115148ce.jpg
今回の処理は、1時間チョイで済みましたよ。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

12/11(水)アオリイカ釣り(引本2)

11月末頃、N氏より釣りへのお誘いがありました。
「12月半ば、ボートでイカ釣りに行かん?ポイントが分からないから、一緒に行かない?」って。
正直言って、寒過ぎません?釣れるか分かりませんよ~。
まだ先の話なんで、せめてその時、水温が安定してれば良いんですけど…で、その時は終わり。

で、来る11日。
前日は冷たい雨が降って、当日はかなりの冷え込み!
でも薄々、そんな予感はありましたけどね。

実はN氏『ズイ研』とかいう、チヌ釣りクラブに在籍していまして、そのお仲間2人も参加。
私だけがビジター?計4名での釣行予定。
まず、AM2:00にN氏が私を迎えに来てくれます。
それから二人で、名古屋市内に住む釣友と合流予定。
そのN氏のお仲間が、某高級ワンボックスカーを持っていて、それにて出撃予定。
いくら割り勘とはいえ、こんな優遇?されて嬉しい限りです。

車の所有者のKさんは、喫茶店経営者で齢50チョイ。
細かい事は気にしないような大らかな性格で、体型は私タイプ。
聞けば、クラブの在籍期間は長いけど、釣りに本腰を入れたのは、最近とのこと(笑)。

もう一人のSさんは、ご年齢は60代後半。
相当の釣り好きで、単独釣行派でクラブにも属さなかったとか。
最近『ズイ研』入りしてエンジョイ。
更に釣りに没頭、多角化しているそうです。

道中、そんな自己紹介やら、今回の釣りの話で盛り上がります。
いつもの『フィッシングオザキ』さんへ、少々早く到着。

手続きを済ませて出港です!
今回のボートは『かんぱい丸』!
アンカーの巻き取り機の付いた、ちょっと大きめの船です。
PAP_0084_20131212121338f9e.jpg
ちなみに今回のメンバーは、全員が船舶免許保持者。
今後のために?、操舵はKさんとSさんが交互にやってくれるそうで…♪

発進すると、まずそのエンジンの静かさにビックリしました。
しかも、めちゃんこ速い!例えるなら原チャリより速いかと…。
あっという間に移動ができます、

恒例の日の出画像!
PAP_0083_201312121213331e1.jpg PAP_0080_201312121213306ad.jpg
左は、この船自慢のアンカー巻き取り機とともに…♪

反対側の、尾鷲港を見ると…?
PAP_0079_20131212121327208.jpg
三角塔より煙(湯気)が…!
今は干潮ピーク。満潮は正午頃なので、その頃には期待できるかな?

さあ開始!
アオリイカは、マズメ時がチャンス。
浅場にいて、エギで狙い易いんです!
早々にKさんが掛けました。
でも残念ながら、小型の甲イカでした。
PAP_0077_201312121214251b9.jpg PAP_0078_201312121213254fe.jpg
あまりに寒いんで、ワンカップでも…と思っていたら。
私にも来ましたよ~!
『ズ~ン』とした重みに、時々『グワ~ン』とした引き。
んん?この重くて緩慢な引きは、アオリイカじゃない!すぐに違和感を覚えました。
上がってきたのは、やはり甲イカでした。

今度はN氏がkgサイズの甲イカを上げました。
PAP_0076_20131212121422c75.jpg PAP_0075_20131212121419a52.jpg
「なんや?甲イカばっかじゃんか!」
出航前に「最近、アオリは厳しいよ。」そう言われ、その通りの展開です。
船の予約時(3日前)には、そんなことは無かった様なのですが。

サッポロ・冬物語。久し振りに飲みました!
PAP_0074_20131212121417569.jpg
サッパリした、きめ細かな苦味?

タイヘイヨーにカンパイ!
PAP_0070_201312121215217da.jpg PAP_0072_20131212121413345.jpg
オカズをおつまみに…。
ビールのせい?徐々に体が冷えてきました。

モーニングサービスも終わったようなので、大きく移動します。
PAP_0071_20131212121523239.jpg
投石・人瀬(ポイント名)などで、エギ・メタルジグを投げますが、ノーヒット。

そろそろ正午頃なので、今度はキスのチェックに三田火力前に移動します。
PAP_0069_20131212121518c2b.jpg
相変わらず、画になるムーミン島です。

「あれ~?ウソ!一体いつ~?」
いつの間にか、発電稼動の象徴、三角塔の湯気が止まっています…凹
PAP_0068_20131212121515c77.jpg PAP_0067_2013121212151238b.jpg
右の画像のタイトルは『シ~ン』かな?
キスは小1時間やって18cm前後を5匹だけでした (ノД`)シクシク
こりゃ効率悪ぅ~!私も早々にエギングへ戻りました。

この後、Kさんに甲イカがヒット!
ジアイか?
今まで沈黙していたSさんの、メタルジグのロッドが弧を描きます!!
ドンドンとロッドを叩きながら上がってきたのは、40cmオーバーのトラフグ
今思うと、画像を残せば良かったな…っと。

しばらくすると、厚い雲に強風が吹き荒れ、天候が一変!
これはアカンと帰港しながらの釣り。
しかしもう状況が全然違っていまして、14時頃ストップフィッシング。

最後の方は、寒さでガタガタ震えながらの釣りでした。
PAP_0066_20131212121939167.jpg
途中、そばを頂いて満足!
体が暖と塩分を欲していたようでした。
そこそこ渋滞の高速道、半分近く後部座席で眠りながらの帰路でした。
KさんSさんありがとう!お疲れ様でした。


今回は(も!)釣果にこそ恵まれませんでしたが、開放感一杯の広い海で楽しかったです。
私にとっては、数年振りの?楽チンな釣りをさせて頂きましたよ(´∀`*)ウフフ

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

11/23(土・祝日)ボートキス釣り(敦賀・沓4)

祝日は家族で釣りに行こう!とは、単に私の理想でして。
いくら毎祝日、会社が休みだからとは言うものの…。
前回の釣行から、そんなに日も経っていなくて、体力はともかく財布がキツイ!

でも渓流や鮎などでは、意外と実際の釣りとなると、嫁さんやチビッコ君では難しい。
使い古した感はあっても、やはり『今でしょ』なんですかね~?

行ける時は行かないと、海のシーズンも短いですから。

今回は(も?)敦賀市沓の『ひがし旅館』としました。
同行はチビッコ君で、二人で手漕ぎボート釣り。
PAP_0041_20131123200122aa4.jpg
彼には釣り以外に、魚(キス)の処理も覚えさせて、楽したいもんです。

ただ今回は、旅館の宿泊者の優先予約があって、11時までに戻って欲しいって。
「という事は、がんばって10時半までか?」
まあいいさ。大して期待はしていないし…。

さあポイントに出発です!
今回もターゲットはキスです。

チビッコ君のタックルをセットします。
まずは、仕掛けは付けず、天秤とオモリで「投げる練習をしてみぃ!」って。
そしたらぎこちないけど投げれてる。
距離は出なくても、ボート釣りなら十分そうです。

で、仕掛けセットも完了。これでたくさん釣っておくれ!
そんな頃、ようやく日の出!
PAP_0038_20131123200120f78.jpg
ちゃんとお日様に『釣れますように!』ってお願いするんだよ。
そしたら、一生懸命にお願いしていましたよ。
正直言って、寒くて荒れる日本海側。大して釣れると思っていないし…。

今度は自分のタックルの準備をしてると「あ!釣れたかもー!」え?ウソ?
PAP_0036_20131123200119252.jpg
ジャーン!どや顔?いや丸顔ですね(笑)。
「へ~?今でも普通に釣れるんだ~。」ちょっと\(◎o◎)/!
本人は気付いていないと思いますが、エサが取られるんで、キス以外でもアタリは頻繁にある…?
本命も外道もポツポツ釣れて、私は自分のタックルセットに、魚外し&エサ付けで忙しいです。

この時、甲イカがイトヒキハゼに抱いて来て、4回も引き上げに失敗しました。
意外に放さなくて、ブシュ~ブシュ~!とマリンジェットみたく海水を掛けるんです!
おかげで寒いってのに、ベタベタになってしまいましたよ。
チビッコ君はイカの反撃に、ビビりまくってドン引きしていました(笑)。

今回は沖目で竿を出していましたが、流されて岸(テトラ)方向に流されます。
PAP_0034_201311232001166d7.jpg PAP_0035_20131123200117cda.jpg
しかしこの天気、何なんでしょう?
冷蔵庫の中にいるみたいな?そんな寒さを感じます。
更には、時々風が吹いて、その風も冷たい!

チビッコ君に、なかなかの引きで上がってきた、チャリコ。
PAP_0033_2013112320020455b.jpg
本人の希望で持って帰ることに…。ゴメンネ

9時頃になって、ようやく日が照ってきました!
PAP_0032_20131123200202faf.jpg PAP_0031_20131123200201f0c.jpg
暖かくって!気分もイイです!
季節は冬直前…。山はまだ秋の装いです。

チビッコ君と行くと、完全に脇役に回ってしまいます…凹
PAP_0030_201311232001598ef.jpg PAP_0029_20131123200158e2e.jpg
でもキスは少ない。同じ仕掛けなのに、カワハギ、チャリコ、ワニゴチ…。
さすがに、この極小チャリコはリリースしました。

気分良く、ストロングゼロを頂きます。
PAP_0028_20131123200346583.jpg
あれこれ、アドバイスをしながら、エサ付けに魚を外す。
でも、徐々にアタリが遠のき、チビッコ君も飽きてきた様子。

「眠い~。」と言うので9時半頃、一旦浜辺に降ろし車内で寝るよう伝え、車のカギを渡します。
距離は1km少々だし、大丈夫でしょ。

ようやく、私も本格的に釣りを…!
と言っても、残すところ約1時間ほど。手返し良く探ります。
PAP_0026.jpg
型は16~18cmの天ぷらサイズが多いです。
時々、20cm級も釣れます。
10匹ほど釣って、チビッコ君が気になったんで、早々に引き上げとしました。
ちょっと早いけどボート屋さんへ戻ります。

そこで、ちょっとした事件が…。
ナント!車にチビッコ君がいないんです!
あれだけ眠そうにしていたのに、戻っていない?一体ドコに…?
まぁアイツはそこそこ泳げるし、救命胴衣も着てるし、最悪のことは無いと思うが。
この距離で道に迷った?考えるとそれしかない!
でもカギはアイツが持ってるから、竿や道具をまとめてから、走って探しに行きます。

すると…!降ろした地点の砂浜で、服を着たまま水浴びをしてるイカレたヤツが…。
いました!チビッコ君でした。
「こら!何やってんだ?」「だって道が分からなかったから。」
「まぁいいわ。ずぶ濡れで寒くないんか?」「遊んでたから寒くないよ。」

そんなこんなで、着替え一式を持っていたんで、ス-パー銭湯『越の湯』に寄ることとしました。

昼食は、回転寿司がイイと言われて、長浜でスシロー。
ここまで来たら、本当は地のモノを食べたかったんですけどね。

道端にはススキが揺れていて、伊吹山も秋色ですね。
PAP_0024_2013112320034281d.jpg PAP_0023_201311232003401e8.jpg
天気さえ良ければ、まだまだ普通に釣れそうです。

今回の釣果(撮影の都合で一部除外)。
PAP_0042_201311232003477f9.jpg
キス26匹、カワハギ4匹、チャリコ3匹、ワニゴチ1匹。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

11/20(水)筏釣り(三木浦1)

あと一息ってところで、記事が消えてしまいました。
同時に書く気力も消えたような…。

今回は目立った釣果も無く、簡素化して進めます。

行先は尾鷲市三木浦町『城渡船』です。
三木浦と言っても、ピンとこない方がほとんどかと思います。
賀田湾三木里
場所は、時々行く賀田湾にあって、湾内の東寄りになります。

出船は6時でした。
PAP_0022_201311221257363f6.jpg
本当は自身にも実績がある、1号カセか2号カセをお願いしたかったけど、残念ながら先約アリ。
我々は3号カセに乗りました。
PAP_0020_2013112212572669e.jpg PAP_0021_20131122125733359.jpg
画像左は、海から三木浦の漁港(町)を眺めた画像です。

コチラが1号と2号カセ。
ナント!朝イチからアタリがあったそうです…凹
PAP_0019_20131122125724430.jpg
アチラ(1号2号)さんは近く同士で、コチラ(3号)は多少離れていて…。
日頃の撒き餌による、回遊ルートの違いなのでしょうか?
小さなエサ取り以外、カワハギの反応すらありません。

かなりの撒き餌を撒いたんですがね。
PAP_0018_20131122125719fca.jpg PAP_0016_20131122125826c52.jpg
ま、その内…と思いながら。

カワハギがポツポツ…。
PAP_0015_201311221258217cb.jpg
ココ、三木浦は私が知る筏(カセ)の中で、最高深度を誇ります!
潮の満ち引きは無視して、平均水深44m!!

アタリも無くってヒマなんですが…。
PAP_0014_20131122125817bf2.jpg PAP_0012_20131122125814176.jpg
N氏と、飲んで&食って&お喋りを繰り返し…。
PAP_0011_2013112212581171a.jpg PAP_0010_201311221259090bc.jpg
それが飽きたら、しばしお昼寝。

起きたら、風が強くって寒い!
PAP_0007_20131122125906811.jpg
14時に早上がりしました。

釣果はチャリコ2匹、カワハギ3匹。
どれも似たようなサイズ。

意外と岸から近くって深い!
PAP_0006_201311221259021b4.jpg
おそらく海底は、スゴイ掛け上がりになっているんでしょうね。

イタリアって感じが…しませんね。
PAP_0005_20131122125856a08.jpg
のどかな漁師町です。

これから熊野市の新兵衛屋かまぼこ店まで、オミヤを買いに行こうかな…と。

しかし!あろうことか、売る品物が無いって!!
釣りで大ハズレ、オミヤでもハズレ!Wショックです。

ぶらぶらとドライブ?しながら帰路に就きました。
PAP_0004_20131122125853f79.jpg PAP_0003_20131122130157305.jpg
画像右は延々と続く、七里御浜です。

ついでに獅子岩も。
PAP_0001_201311221301548e3.jpg
今日は最初っからドライブの方が良かったんじゃないか?N氏と笑い合っていましたとさ。

最近は、海水温も下がってきたんでしょうか?
徐々に筏釣りも、釣果が不安定になってきたような…。
低いなら低いなりに安定さえすれば、日ムラや場所ムラは少ないと思うんですけど。

予定じゃあ、冬眠はもうチョイ先。
でもこれから行き先に悩みそうですね~。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->

11/13(水)筏釣り(引本浦2)

最近の釣行は、なかなか好成績で、多少の余裕すら出て来た私です♪
このまま、終盤戦を一気に走り切りたいですね。

しかしながら、数日前から急に冷え込んで、晩秋より、ついにに変わってしまった気がします。
昼間でも風は冷たく、朝夕は超ー寒い!
まさか、これで海水温も下がって、釣れなくなってしまうのか…?
イヤイヤこの広い海。ちょっとの事ならどうって事も無いハズだ!と思いたい。

定休の水曜日に行って来ました。
また、引本浦の『尚栄丸』です。
PAP_0016_20131114182246324.jpg
出船は6時半。引本港の南寄りから、対岸の湾奥へ向かいます。
「寒い!」顔に当たる風が、とても冷たく感じます。

その時、渡船の途中で気が付きました。
リール5個が入った手提げ袋が、車内(助手席上)に残っていた事を…!
最後に…と思っていたけど、後の祭り。

「実は…」と、船頭さんにお願いして、もう一往復して頂きました。
「そうか!そりゃ釣りにならんわな!」と、快く応じて頂き、申し訳ございませんでした。
PAP_0014_20131114182236930.jpg PAP_0015_2013111418223914c.jpg
今回の釣り座は一番南側。再び筏に乗った時は、既に7時を回っていました。
文字通り、乗り遅れました。あくまでも自分のせいなんですが。
ふと見上げると、尾鷲方向に虹が…。え?アチラは雨降ってんの?

急いで2タックルを組んで、ダンゴ(撒き餌)も作ります。
同時にオキアミの解凍も…。
意外!海水がメチャ温かい!まるでお湯みたいですよ。
「これは釣れる!」確信しましたね~。

しばらくして、何かアタるんですが、中アジかな?
派手なアタリで、たまに針掛かりするんですが、巻き上げ途中のバラシ。

置き竿にして、コーヒーブレイク。
ヤカンに少量の水と、缶コーヒーを入れ沸かしたかたち。
案外、楽に温めができました。
PAP_0013_20131114182233d4c.jpg PAP_0012_20131114182229f97.jpg
しばらくして、ビールで「カンパ~イ!」

オキアミ、筏タックル、ダンゴ。
PAP_0011_2013111418233850d.jpg
ちなみに水深は、21.4mを示しています。

ようやくポツポツ釣れ出しました!
30cm級のアジに、30cm強のマサバ、ヘダイ…。
PAP_0010_2013111418233474b.jpg
バタバタときて、画像を残す余裕はありませんでした。
アタリが止まったかと思えば、それからは鳴かず飛ばず…。

これでもか!ってくらいダンゴを撒いていたら、ようやく竿が突っ込みました!

なかなかの引きとスゴイ横走り!サバ?ボラ?
半分以上巻き上げて、もう上がってくるか?と思ったら、横走りで生け簀に引っ掛かったのか、急に重たくなって、逆にドンドンラインが引き出されていきます。
ドラグを調整しても止まりません!
こんなに大物だったっけな?それとも、小魚に大物が食い付いたのか?
最初もなかなかの引きだったから、そんなエサのような小魚ではない…。
メーター級のエイか?それより動きが鋭いし暴れるなぁ。
得体の知れぬ強引に、最初は自分の事に精一杯でした。
ふと、周りを見渡すと、私と対角線の方が大物と格闘しています。
そのオジサンの「うりゃ~!」が、私が握る竿の引き込みと、見事にシンクロしています…?
「ウソ!まさかだろ?いいや、これは間違いないっしょ!」
「ス、スイマセ~ン!それ私ですが~!!」
この時、風と生け簀の魚の給餌の音で、当人には全然聞こえていない様子。
生け簀の手すり(?)を、タモの柄でガンガン叩きながら呼び続け…ようやく。
「はぁはぁ。ええ~?」「はぁはぁ。アンタとオマツリしてたのか~。」
この方、真剣(マジ)だったんだ。ホント、笑い事じゃなかったんですよ!
この後は、気まずいってもんじゃなかったです…。

即座に釣りを再開する気も起きなかったので、早めの昼食ターイム!
どん兵衛(かき揚げ)とオニギリでした。
PAP_0009_201311141823312bc.jpg PAP_0008 (2)
チューハイの奥に見えるブルーのオジサンは、私以上に苦戦していましたよ。
さっきのオジサンとの同行者です。
両者、名古屋の天白区から来てるって言ってました。

その後も、あの手この手で頑張りましたが、何の反応も無く…。
海には『完全な沈黙』、これがあるから辛いですね。
他の筏のみんなはどうなんだろう?

あのオジサンらの会話、また携帯でも「帰る」って、何度か聞こえました。
勇気を出して、ブルーのオジサンに尋ねます。「あの~、早帰りするんですか?」
「ああ。今日はアカン。もう帰る。船頭には電話で、13時半に迎えを頼んだわ!」
「ですよね?私も帰ろうと思っていたんで、同乗させて頂きます!」
PAP_0007_201311141823243f1.jpg
今回は釣れなくって疲れました。
忘れ物もしたし、気まずい思いもしました…凹
釣果は、アジ4匹25~33cm、マサバ2匹34~35cm、ヘダイ(リリース)。

お腹も空いていなかったんで、そのまま帰宅の途に就きました。
PAP_0006_201311141824152eb.jpg PAP_0005_20131114182412cda.jpg PAP_0002_2013111418241039a.jpg
天気は地域でコロコロ変わりますね。
渋滞は芸濃辺りでの、(工事)車線規制がありました。
いつもの四日市までの渋滞はほとんどナシ!

17時には自宅近くにいました。
ちょっとモッタイナイ気もしますが、こんな釣りなら、釣りも帰宅後も体力的に楽ですわ。

釣果も少なくて、当日内に魚の処理も容易でした!
半分(2匹)は、当日にお刺身で頂きました。
PAP_0646_20131115124534aca.jpg
やはりアジは、タタキが良いと家族からリクエストがあったので、サクの状態へ…。

和え盛り付け、タタキを食べたのは翌日です。
タタキなのですが、食感が残るように叩かず(?)、薄切りの身で造ります。
青ネギと大葉、甘醤油にしょうが(極少のにんにく)で和えました。
PAP_0017_20131115124527372.jpg
今回はなかなかキレイに盛ったのに、反射して、全く見えませんね…凹

マサバは〆サバにしました。
PAP_0018.jpg
皮面にペーパータオルはタブーですね。
薄皮を引いても、鹿の子模様が残ってしまいました。
時期的に脂が乗っていて、美味しかったです。

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

更新の励みになりますので 『ポチッ』 をお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村
カウンター
現在の閲覧者数: -->
プロフィール

遥

Author:遥
遥(よう)と読みます。
1969年生まれ。
性別は男ですので…。

愛知県一宮市在住、貧乏多趣味のサラリーマン。
釣りに理解のある(?)嫁さんと、H15生まれの息子の3人家族。
釣りは渓流・鮎を主体に、時期によって海釣り(筏や船など)にも出掛けます。

カテゴリ
ブロとも一覧

益田川釣り情報
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示